レビュー

わずか5分であらゆる板を机に変えることが可能な「Floyd Leg」レビュー


引っ越しや模様替えを行うと、ここだ!という場所に今あるテーブルがフィットしないこともありますが、板状で平らなものがあれば何でもテーブルに変身させてしまうのが「Floyd Leg」です。使わなくなったドアや打ち捨てられた木片など、材料を選ばず机が作れるとのことなので、実際に使ってみました。

THE FLOYD LEG
http://www.thefloydleg.com/

これが編集部に到着した「Floyd Leg」。


まずは16インチ(約40センチ)のコーヒーテーブル用Floyd Legを開封してみます。


中に入っていたのはスチールを黒くコーティングした4本の脚。


手に持つとこれくらいの大きさ。


そしてこれが29.5インチ(約75センチ)のテーブル用Floyd Legです。


中身はこんな感じ。


高さは身長162cmの女性の足の付け根くらいでした。


Floyd Legの上部には、以下のように板を挟む部分がついています。


また、袋の中には丸いプレートが4枚入っていました。


取り出してみるとこんな感じ。


プレートをFloyd Legのネジ部分に取りつけることで、よりしっかりと板に脚を固定できるというわけです。


なお、いずれのFloyd Legも取っ手付きのカバーに入っているので、以下のような感じで背負って移動させることが可能。両方持つと女性は少し重く感じるかもしれませんが、持てない重さではありません。


ということで、編集部にあった板で机を作成してみます。


Floyd Legを板にピッタリ寄り添わせて……


しっかりネジを締めます。


4つの脚を取りつけたら……


あっという間に完成。作成時間は5分もかかりませんでした。


あとは普通のローテーブルのように使うだけです。


さらに活用してみよう、ということで、GIGAZINE倉庫にやってきました。


いい感じの板はないかな~と探していると……


ありました。


ちょっとオシャレな模様が入ったフスマにFloyd Legを取りつけていきます。


作成方法は上記と同じですが、表面に少し凹凸があるので、そういう場合は「Floyd Legと板の間にフェルトを挟めばOK」とのこと。


こんな感じ。


4つの脚を取りつけたら……


ひっくり返して机の完成。


手をかける部分がオシャレに見えなくもないです。


フスマなので底面にはいろいろ見えています。


Floyd Legはちゃんと直立しています。


やや下から見るとこんな感じ。


PCを置いて、あっという間に作業スペースの完成です。


続いてこの板もテーブルにしてみます。


やや分厚いのですが……


問題なく手作り感があるローテーブルの完成。


別角度から。


横から見るとこんな感じです。


普段PCしか触らないような軟弱な生活を送っているので、3回テーブルを作ったところで皮がむけてしまいました。たくさんテーブルを作る場合は軍手をしましょう。


実際に作ったテーブルの強度は以下のムービーから確認できます。

板状の平らなものなら何でもテーブルに変える「Floyd Leg」 - YouTube


ローテーブルの方はぐっぐっと力を入れてもほとんど動きません。


耐荷重量は全体で75ポンド(約34kg)なのですが、試しに座ってみても安定感はしっかりありました。


一方、大きい机の方は力を入れるとやや揺れが起こりました。基本的に小さいテーブルから中ぐらいのテーブルを作ることを想定しているので、ダイニングテーブルなど大きな机を実用するのは難しそうです。ただ重いものをあまり置かないちょっとした荷物置きや作業スペースとしてならば使えそうな感じでした。


ということで、ダイニングテーブルなどの購入を考えている人にとっては不向きですが、小~中程度のテーブルの購入を考えているのであれば、板を使って好きな大きさのテーブルを作ることが可能なので「購入してからテーブルの置き場所を決める」ということや、模様変えの後に生まれたスペースを使ってテーブルの作成が可能であり、かなり便利そうです。素材によってはデザインテーブルをいかようにも作れるというところも大きなポイントでした。


ローテーブル用の約40センチのFloyd Legは179ドル(約1万8000円)で、75センチのFloyd Legは189ドル(約1万9000円)。日本から購入する場合の送料は米国郵便サービスの速達(6~10日)で65ドル(約6600円)、国際宅配便会社UPSの国際宅配便の場合は200ドル(約2万円)で、この場合は荷物の追跡が可能で保険付き。発送は1週間程度です。

buy — THE FLOYD LEG
http://www.thefloydleg.com/buy/



なお、カラーは白・黒・赤・青から選べるようになっていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
自動でいつでも高さの調節が可能で、立っても座っても使えるデスク「StandDesk」 - GIGAZINE

巨大な付箋紙で作ったラクガキし放題の机「Post-Itable」 - GIGAZINE

USB3.0ポートや電源プラグ、DVI端子などを備えたパソコンデスク「Paradise Desk」 - GIGAZINE

腰痛を改善するために比較的安価なオフィスチェア「セイルチェア」を購入してみたら想像以上の効果を発揮した - GIGAZINE

コスパが良いオフィスチェア「Ergohuman Basic」を使ってみた - GIGAZINE

近未来のSF的な雰囲気で仕事や勉強ができるPCチェア&デスク「Emperor 1510 LX」 - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.