ネットサービス

Googleと同じDNSが使えて機能満載の独自ドメイン登録サービス「Google Domains」開始へ


Googleがドメイン登録サービスに参入することが分かりました。名称は「Google Domains」で、現在、サービスの一般公開に向けて準備中です。

Google Domains
http://domains.google.com/about/


Google is quietly testing a service for registering website domains | The Verge
http://www.theverge.com/2014/6/23/5835560/google-launches-domain-registration-service

Google Domainsは、GoDaddyなどと同様のドメイン名登録サービスで、「.com」などの一般的なドメインに加えて「.photography」「.guru」などのドメイン名も選択できるとのこと。


料金は1年間12ドル(約1200円)を予定しています。


メールアドレスは最大100個まで作成でき、別メールアドレスへの転送可能。また、独自ドメイン登録時のWhois情報は追加コストなしで匿名化してプライベートを保護することができ、別サイトへの転送もサポート。サブドメインは100個まで作成でき、DNSサーバはGoogleと同じものを使用するため非常に安定しており、A・AAAA・CNAME・MX・NS・PTR・SOA・SPF・SRV・TXTレコードの設定が可能で、TTLの調整もOK、さらにGoogle App EngineやGoogle Appsとの親和性も高く、オプション費用を出せばGoogle謹製のドラッグ&ドロップでサイトを作成するツールも提供され、モバイル環境でもサイト管理ができるツールもあるとのこと。


Google Domainsは、現在のところテスト段階で、招待を受けた限られた人のみサービスを受けることができるとのこと。Googleは招待を受けた利用者からのフィードバックを活かして、近々サービスを一般公開するとしています。

なお、Googleは2014年6月にモバイル通信サービスのスタートアップ企業アルペンタル・テクノロジーズを買収し、また、気球でモバイル通信を可能とするプロジェクト「Loon」でブラジルの僻地にある小学校に空からインターネットを提供することに成功するなどモバイル通信への進出にも意欲的です。これらの動きは、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」というGoogleの理念に照らせば、極めて合理的かつ妥当な戦略と言えそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
あなたはいくつ知っていますか?ものすごく古くから登録されて使われ続けている由緒正しきドメイン名トップ100 - GIGAZINE

安全なドメインを手に入れるためには何を考慮すればいいのか - GIGAZINE

スマホ対応の告知サイトをサクッと作れるHTMLテンプレート「OSHIRASE」 - GIGAZINE

180日で180個のウェブサイトを作るプロジェクトがついに完走を果たす - GIGAZINE

黄金律を使ってデザイン性の高いウェブサイトを作る方法 - GIGAZINE

HTML5形式のフォトギャラリーをサクッと簡単に作成できるフリーソフト「Juicebox Lite」 - GIGAZINE

Tumblrにイラストを投稿すると自動的にポートフォリオを作成してくれる「Illustfolio」 - GIGAZINE

文字を入力するだけですぐにそれっぽいデザインのロゴ画像が完成する「Squarespace Logo」 - GIGAZINE

1ページだけのサイトを簡単に作れる「Populr」 - GIGAZINE

無料で手軽にHTMLを使ったメルマガの作成と配信ができるウェブサービス「MailChimp」を使ってみた - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.