メモ

Appleがヘッドホンメーカー「Beats」を約3000億円で正式に買収


2014年5月28日(現地時間)、Appleは以前から報じられていたヘッドホンメーカー「Beats Electronics」および、音楽ストリーミングサービス「Beats Music」の2社を過去最高額の買収となる30億ドル(約3055億円)で買収に合意したと、Appleのウェブサイトで正式に発表しました。

Apple - Press Info - Apple to Acquire Beats Music & Beats Electronics
http://www.apple.com/pr/library/2014/05/28Apple-to-Acquire-Beats-Music-Beats-Electronics.html

以前からうわさされていたヘッドホンメーカーBeatsの買収ですが、AppleはBeats ElectronicsとBeats Musicの2社を合計30億ドル(約3055億円)で買収に同意したことを明らかにしました。買収に伴って、Beatsの共同創設者であるJimmy Iovine氏およびDr. Dre氏がAppleの一員となります。音楽産業の最先端に立つBeatsは、レディ・ガガリル・ウェインニッキー・ミナージュのように、iTunes Storeの中でも最も成功したアーティストとコラボするなど、AppleとBeatsはお互いの音楽ファンの中で重なる部分を持っていたとのこと。

Appleのインターネットソフトウェア&サービス部門のエディー・キューSVPは、「音楽はAppleにとって重要なDNAとなる場所です。Beatsの追加は、iTunes Storeのラインナップ強化や、無料ストリーミングのiTunes Radioを一流のものに改良するでしょう」と話しています。


Beatsブランドの顔とも言える「b」のマークは音楽業界において強い認知度を持っており、買収後もBeatsブランドを存続させ、iTunes RadioとBeatsのサービスは並行して提供していく予定です。9to5Macによると、Beats MusicアプリはiOS・Android・Windows Phone版がありますが、「買収後もアプリ提供を続行する」とAppleのCEOティム・クック氏が明言。つまり事実上Apple初のAndroid・Windows Phoneアプリが誕生することになります。

AppleはiPhoneやiPadなどに付属している純正イヤホンをBeats製に変更するとうわさされていましたが、今後の詳しい展開については語られていません。Appleは買収にあたっての規制承認処理を、2014年度第4四半期ごろに完了したいとしています。

また、AppleとBeatsの買収にあたって、Beatsとパートナーシップ関係にあったデザイン会社「Ammunition」の創設者ロバート·ブルナー氏が自社ブログで、「2006年にIovine氏とDr. Dre氏と仕事を始めてから、私たちのデザインしたBeatsヘッドホンが、世界中の音楽ファンに与えている驚くべき影響はいまだに信じられないほどです。Ammunitionはデザインがどんな新しいビジネスチャンスを生み出せるかに焦点を合わせていますが、今後有効な結果を生み出すことは想像できません」と、今後数カ月以内にBeatsから移行することを発表。Beats創業時から現在のBeats製品のデザインを担ってきたAmmunitionの離脱は、Apple・Beatsに大きな影響を与えると考えられます。

・関連記事
Appleが人気ヘッドホンメーカー「Beats」を買収するとどうなるのか? - GIGAZINE

気分や状況によって最適な曲を選んでくれる音楽ストリーミングサービス「Beats Music」 - GIGAZINE

Appleがツイート解析サービス「Topsy」を約200億円で買収 - GIGAZINE

Appleの製品の進化が約3分でサクッとよくわかる「Evolution of Apple」 - GIGAZINE

AppleがKinectの3Dセンサー技術を開発する企業を買収 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log