MicrosoftがXP向けの「Microsoft Security Essentials」のサポートを延長


Microsoftは、Windows XPのサポートが終了する2014年4月8日に、Windows XP向けのアンチウイルスソフトウェア「Microsoft Security Essentials」の配布を終了することを明らかにしていましたが、前言を撤回し、Microsoft Security Essentialsのアップデートを2015年7月14日まで継続することを発表しました。

Microsoft antimalware support for Windows XP - Microsoft Malware Protection Center - Site Home - TechNet Blogs
http://blogs.technet.com/b/mmpc/archive/2014/01/15/microsoft-antimalware-support-for-windows-xp.aspx



Microsoftでは、Windows XPのサポートが切れるのに合わせてMicrosoft Security EssentialsのXP向けサポートも打ち切る予定でしたが、ユーザーから反発する意見が多かったのか、方針を転換して、2015年7月14日までサポートを延長することを明らかにしました。今回の発表に含まれているWindows XP向けのセキュリティソフトは、エンタープライズカスタマー向けに配布されている「System Center Endpoint Protection」「Forefront Client Security」「Forefront Endpoint Protection」「Windows Intune」、一般ユーザー向けの「Microsoft Security Essentials」です。

ただし、Microsoftはサポートが終了したOSに対するセキュリティソフトの効果には限りがあるとしており、Windows XP搭載のPCを安全に使うために「セキュリティ性の高い最新ソフトウェアの使用」「インストールしているソフトウェアへの定期的なセキュリティアップデート」「最新バージョンに更新されたアンチウイルスソフトウェアの使用」を推奨しています。

By John C Bullas BSc MSc PhD MCIHT MIAT FGS

Windows 8/8.1のシェアが10%を突破し、ユーザーがWindows 8/8.1に移行する動きも確認されており、Microsoftは「Windows XPのサポート終了に伴い、ユーザーの新しいOSへの移行を全力でサポートする」と明言しています。

・関連記事
「Windows XP」サポート終了と同時に無料セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」もXP用は配布終了 - GIGAZINE

Windows XPでCPUの使用率が100%になるバグにMicrosoftがパッチ配布予定 - GIGAZINE

Windows XPの市場シェアが21%に低下、2014年4月8日までに13%までさらに低下予定 - GIGAZINE

Microsoft Security Essentialsがテストで認定を得られなかった件について自社検証の結果を発表 - GIGAZINE

マイクロソフト製の無料アンチウイルスソフト「Security Essentials」を実際に使ってみた - GIGAZINE

222

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log