「Windows XP」サポート終了と同時に無料セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」もXP用は配布終了


2001年の発売以来いまだに根強い人気を誇るWindows XPは、2014年4月8日をもってサポートの終了が決定していますが、MicrosoftはWindows XPと同時にMicrosoft Security Essentialsの配布を終了することも明らかにしました。

Support is ending for Windows XP - Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/en-us/windows/end-support-help



Microsoftによると、2014年4月8日をもってWindows XPおよびWindows XP用のMicrosoft Security Essentialsの配布を終了するとのことです。2014年4月8日以降Windows XPを使用しているPCの安全性は、一段と低くなることが予想されます。

Microsoftは、Windows XPを使用しているPCをマルウェアやウイルスから守る方法として、Windows 8.1の利用を推奨。現在使用しているPCがWindows 8.1に対応しているかどうかは、Windows 8 アップグレード アシスタントを使ってチェック可能です。

By John C Bullas BSc MSc PhD MCIHT MIAT FGS

PCがWindows 8.1に対応していない場合、Microsoftは「新しいPCに買い換える時期が来たのかもしれません」とWindows 8.1対応のPCへの買い換えを勧めています。

・つづき
MicrosoftがXP向けの「Microsoft Security Essentials」のサポートを延長 - GIGAZINE


・関連記事
Windows XPでCPUの使用率が100%になるバグにMicrosoftがパッチ配布予定 - GIGAZINE

Windows XPの市場シェアが21%に低下、2014年4月8日までに13%までさらに低下予定 - GIGAZINE

Microsoft Security Essentialsがテストで認定を得られなかった件について自社検証の結果を発表 - GIGAZINE

マイクロソフト製の無料アンチウイルスソフト「Security Essentials」を実際に使ってみた - GIGAZINE

アンチウイルスソフトランキングWindows8対応2013年1/2月版、最強ソフトはどれ? - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log