ムービー

スマホで撮影した写真を本格的にモノクロ写真現像できる「ENFOJER」


スマートフォンで撮影した写真は、コンビニや家電量販店などでプリントすることができますが、昔ながらの方法を用いてスマートフォンの写真を自分でモノクロ現像できる写真現像機「Enfojer」が、クラウドファンディングプラットホームのIndiegogoで出資を募集しています。

ENFOJER - Old School Darkroom for Smartphones | Indiegogo
http://www.indiegogo.com/projects/enfojer-old-school-darkroom-for-smartphones

Enfojerでどのようにスマートフォンの写真を現像できるかは以下のムービーから確認できます。

FOJO on Vimeo


ピアノを弾いてムービーを盛り上げるAvoqさんと、プロジェクトの立案者であるIlija Stjepicさん。


まずはスマートフォンで写真を撮影。


現像はこのように暗室で行う必要があります。


専用のアプリから現像したい写真を選択し……


スマートフォンの画面を下にしてEnfojerの本体へセット。


ぴったりとフタを閉めます。


右側のツマミをひねって、Enfojer本体から映し出される写真のフォーカスを合わせます。


きれいにピントの合う位置に調節が完了。


すると「Snap your fingers」と表示されるので……


指を「パチン!」と鳴らします。


次に現像用の印画紙をセット。


ここで再度、指を「パチン!」と鳴らして60秒待ちます。


時間が経ったら、現像液を注いだ1つめのトレイに印画紙を移動。


120秒待つと、このようにスマートフォンから現像した写真がじんわりと浮かんできます。


今度は、停止液を注いだ2つめのトレイに印画紙を移動して30秒置きます。


その後、定着液を注いだ3つめのトレイに印画紙を移して120秒待ちます。


最後に水を張った4つめのトレイに印画紙を移して、液を流して乾かせば現像は完了。


さらに、通常の写真のネガフィルムからの現像も可能。


ネガフィルムをEnfojer本体にセットし、上から同じようにスマートフォンの画面を下にして置いたら、あとは先ほどの工程と同じです。


現像した写真はこんな感じ。6×6cmのフォーマットが使用されており、スクエアサイズの写真が現像できるため、instagramの写真を使うとぴったり。


Enfojer本体にスマートフォンをセットしたところ。


トレイは色分けされており、トレイごとにトングも付属。


Enfojerの現像用アプリのインターフェースはこんな感じで、iOSとAndroidに対応。


記事執筆時点では、通常350ドル(約3万5000円)のEnfojerのKit Knight(Enfojer本体、トレイ・トング×4、専用印画紙×100枚、セーフライト)が、先着24名限定で260ドル(約2万6000円)の出資でゲット可能となっています。


さらにトレイラックが付属したフルキットのDarkroom Commanderは、450ドル(4万5000円)の出資で1つゲット可能で、どちらのキットでも送料は無料。締め切りは日本時間で10月4日の15時59分までとなっています。


なお、現像に必要な液類は国際発送が難しいため含まれていません。購入する場合、現像液は「イルフォード(ILFORD) MULTIGRADE DEVELOPER」か「PQユニバーサル」と、定着液にイルフォードの「ラピッドフィクサー」の組み合わせが推奨されており、イルフォード製品以外でも使用可能。ただし、化学薬品のため、説明書をよく読んで作業を行う必要があります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スマホと連動して使うレンズスタイルカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」速攻ムービー&フォトレビュー - GIGAZINE

レンズスタイルカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」の発売日が10月25日に決定 - GIGAZINE

Instagramの写真をマグネット化する「Instantgram」で実際にマグネットを作ってみました - GIGAZINE

女装した下着姿の写真をウォルマートで現像し店先で陳列していた男、逮捕される - GIGAZINE

千円ちょっとでできる簡単手作りで3D写真を撮ってみよう - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.