ネットサービス

I2Pネットワークを構成してP2Pでやりとりする匿名性のSNS「Nightweb」


まだ実験段階のサービスですがI2Pネットワークを利用し、Androidやパソコン間でのメッセージや画像の共有をP2Pでやりとりできる匿名性の高いSNSサービスが「Nightweb」です。このサービスはP2Pネットワークを使用することで、パソコンやスマートフォンなどの端末間での追跡不可能なコミュニケーションやファイル共有を実現することが目標、となっています。

Nightweb
https://nightweb.net/

◆Androidアプリ
Google PlayストアからNightwebをインストールします。


「同意する」をタップ。


インストールされたNightwebをタップして起動。


起動画面はこんな感じ。まずはユーザー設定をしてみます、「Profile」をタップ。


1番上の欄にユーザー名を入力して「Save」をタップすれば設定完了。


画面上の「USERS」をタップしてみると、自分のアカウントが確認できます。この「oskar」というアカウントはNightwebの開発者のアカウント。


「Post」をタップすると、自分のアカウントが投稿した記事と、「oskar」が投稿した例文的な記事が表示されます。


記事を投稿する際は、画面下の「+」をタップ。


文字を入力して……


さらに画像を追加する際は「Attach Pics…」をタップ。


「ギャラリー」を選択して……


フォルダ内から追加する画像を選択。


追加すると「Attach Pics…」の横に(1)と表示され、画像が添付されていることが確認できます。


これでOKなので「Send」をタップすれば記事投稿は完了。シンプルですがこれがNightwebの基本的な使い方。


◆デスクトップ版
デスクトップ版のNightwebはここからダウンロードできます。


画面中央の「Nightweb for Desktop」をクリックでダウンロード。


「ファイルを保存」をクリック。


デスクトップに保存された「nightweb-desktop」ファイルをダブルクリックで起動。


デスクトップ版のNightwebを起動するにはJavaとChromeが必要で、この2つがインストールされた状態で「nightweb-desktop」をダブルクリックするとこんなウィンドウが起動します。Nightwebを開くには「Open in browser」をクリック。


そうして起動したこれがNightwebのデスクトップ版。


こちらでもアカウント登録してみます。


ユーザー名と紹介文を入力して「Save」をクリックすればアカウント登録完了。


早速記事投稿をしてみます、画面上の「+」をクリック


テキストボックスに文字を入力して「Send」をクリックで投稿完了。


記事を確かめる際は「Posts」をクリック。


紙とペンの描かれたアイコンをクリック。


すると確認できます。日本語入力にはまだ対応していないらしく、文字化けしてしまいました。


英語で入力すればしっかり表示されます。


記事をシェアしたい場合はこのフラッグアイコンをクリック。


そして出てきたこのURLを、記事を見せたい人に知らせてあげればOK。


他のNightwebユーザーの記事URLを知っている場合……


その記事URLをコピーして、アドレスバーで「貼り付けて移動」を選択。


すると記事ページに飛びますが、ユーザー名などの表示は無く匿名性がしっかりと守られています。


サービス開始からまだ日が浅く、未完成な部分が多いサービスではありますかなり匿名性が強いサービスに仕上がっています。


最近はSNS疲れという言葉が生まれる程に他人のSNSでの発言に振り回される人が多いので、Nightwebのような特定の人とだけひっそりコミュニケーションをとれるSNSを欲している人も少なくないのではないでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
女性の多いSNS、お金持ちの多いSNSなど、世界中のSNSの特性が一枚の図で分かるインフォグラフィック - GIGAZINE

FacebookやmixiなどSNSで見つけた高校時代の同級生にありがちな10個のタイプ - GIGAZINE

世界中のFlash開発者が自慢の作品を持ち寄るSNS「Wonderfl」がAppleのFlash非対応に対して運動を開始 - GIGAZINE

モテない人間同士が集まって傷を舐めあう究極のSNS「非モテSNS」が登場、運営は「えがちゃん」 - GIGAZINE

SNSが学生や社会人からどれほど生産性を奪っているかを表した図 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.