アート

風船にのせ空高くまで運んだ機械で雲を作るプロジェクト「Cloud Machine」

By katerha

自然発生した変わった形の雲の雲を発見するとつい興奮していしまいますが、自然発生ではなく、風船を使って空高くまでマシーンを浮かび上がらせ、自分で雲を作ろうとするアマチュアによるプロジェクトが「Cloud Machine」です。

Cloud Machine | KAROLINA SOBECKA
http://www.gravitytrap.com/artwork/cloud-machine

Cloud Machineのフライトの様子は以下のムービーから見ることができます。

CLOUDMAKER on Vimeo


Cloud Machineの本体はこんな感じ。


上から見た様子。


地上でも雲を作り出すことは可能。もくもくと雲を生成しています。


ここからはCloud Machineを空に飛ばす過程。

巨大な風船を膨らませます。


Cloud Machineが風船の下に取り付けられました。


ゆっくりと持ち上がっていき……


上空へ。


空高く浮かんでいきます。


機械から雲凝結核と水蒸気、熱を放出され、雲が作られていきます。


もくもくもく


下から見るとこんな感じ。


空中をただよう小さな雲が完成しました。


あっという間に地上の様子が見えないところまでやってきました。


そして再度地球へと降下。


木に引っかかりつつ着陸し、プロジェクトは終了です。


これはアーティストKAROLINA SOBECKAさんの作品で、故意的に雲を作り出し、太陽からの放射能を遮ろうとするジオエンジニアリングの考え方にインスパイアされて行われたもの。SOBECKAさんはこの他にもアニメやコンピュータ・ゲーム、インタラクティブアートなど数多くの作品を作っています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
大自然の驚異をひしひしと感じることができる異様な雲いろいろ - GIGAZINE

雲の大波が押し寄せてきて砕け散る雄大な光景が撮影される - GIGAZINE

普段は見られない変わった形の雲の写真 - GIGAZINE

いろいろな道具を使って雲と遊んでいる写真 - GIGAZINE

ハリケーン「サンディ」の被害を伝える写真が本物かフェイクであるかを検証 - GIGAZINE

in 動画,   アート, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.