ハードウェア

自由自在に曲げ伸ばししてスタンドにもできるスマホ用充電・通信ケーブル「Une Bobine」


スマホ用の充電ケーブルには青い光がケーブルに流れる近未来的なデザインのものや、巻き取り式のフラットな充電・通信用ケーブル「Spixi」など、さまざまなデザインや機能を備えたものが存在し、自分の用途や好みに合わせてチョイスしたいところですが、針金のように曲げたり伸ばしたりして自由に変形でき、スタンドとして利用することもできるのが「Une Bobine」です。PCと接続し充電・通信を行うだけでなく、写真撮影の時のスマホスタンドとしても利用可能。顔の高さにスマホを持っていくことができるので、レシピを見ながら料理をする時などにも便利です。

[Fuse]Chicken
http://www.fusechicken.com/

Une Bobine
http://photojojo.com/store/awesomeness/Une-Bobine/

Une Bobineは曲げたり伸ばしたりして自由に変形することのできる充電&通信用ケーブル。


充電ケーブルとして使うだけでなく、携帯してスマートフォンスタンドとしても使用可能。写真を撮るときに便利です。


さらに高い位置から撮影したい時に。


こんな感じでコンセントに差し込んで充電することもできます。


顔の高さにまでスマートフォンを持って行けるので、料理中、レシピを参考にする時にも便利。


ケーブルはiPhone用の30ピンコネクタと、Android・Blackberry・Windows Phone用のmicroUSBのついたものの2種類があります。なお、iPhone 5用のケーブルも12月から出荷が始まる予定、とのこと。


こちらがiPhone用。


そしてAndroid用。iPhone用・Android用のいずれもケーブルの長さは600mmです。


600mmのケーブルの他、300mmバージョンの「Petite Bobine」もあるので、車の中などスペースのない場所に置いても邪魔になりません。


Une BobineはKickStarterで出資を募集し、目標額9800ドル(約70万円)のところを21万2265ドル(約1700万円)でゴールして商品化に至りました。


なお、価格は600mmのものが30ドル(約2400円)で300mmのものが28ドル(約2250円)です。商品販売サイトThe Photojojo Store!において、日本にも出荷は可能ですが、一番送料の安い方法だと11.98ドル(約960円)ですが今日注文すれば届くのは11月15日から12月7日のどこかとなり、10月29日から10月31日の間というようにして早く確実に届けるためには88.89ドル(約7100円)というように一気に上昇してしまうため、どのあたりで手を打つかが思案のしどころです。


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
制作時間10秒、便利で格安なiPhoneスタンドを手作りしてみた - GIGAZINE

コードの収納にもこだわる木製iPhoneスタンド「BaseStation for iPhone4」 - GIGAZINE

手持ちのカードがiPhoneスタンドになる「Sniper Stand」 - GIGAZINE

iPhone5の新型ドックで旧型ドックは死んだと断言する「The Dock is Dead」 - GIGAZINE

ヴィンテージのカメラを再利用したレトロで個性的なiPhoneドック - GIGAZINE

in ハードウェア,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.