メモ

Amazonが新しい本社として3つの高層ビルを建設へ、グリーン・オレンジなどの妙にカラフルな外観に


配送のために世界各地にすさまじいスケールの倉庫を所有しているAmazonですが、シアトルにある本社ビルが新しくなることがわかりました。これまでもAmazonは本社ビルを変更してきているのですが、今回は3つのブロックにオフィスの他、会議場や芝生などを隣接した3つの高層ビルを建てる予定のようです。

DRB Recommendation Meeting #3(PDFファイル)

Amazon gets colorful -- and green -- with new downtown towers | Brier Dudley's Blog | The Seattle Times

Amazonの最初の本社は以下のようなものでした。シアトルの丘の上にある巨大な建物はクラシックで、IT企業のオフィスビルに見られるような近代的な雰囲気はありません。


ゲートには「パシフィック・メディカル・センター」の文字が掲げられており、Amazonとはどこにも書いてありません。建物の前を通ってもAmazonと気づかず通り過ぎてしまいそうです。


見上げるとこんな感じ。


建物は煉瓦造り。この16階建ての建物はもともと海軍病院として1932年に建てられ、Amazonがそれを買い取って改築したものだそうです。


こちらが入り口。よーく見ると……


扉の上には銀色の文字で「amazon.com」とあります。


夜になるとライトアップされ、幻想的な雰囲気に。


そして、こちらが今の本社


角度を変えるとこんな感じ。


この建物の正面にもAmazonのビルがあり、二つのビルの真ん中、階段の奥には会議室やイベントが行われる建物があります。


ちなみに、この現在の本社においても「Amazon.com」の文字は目立つ部分には一切なく、周囲の人もこの建物がAmazonであることにほとんど気づかないそうです。


ということで、歴代にわたって個性的な建物を本社としていたAmazonですが、再び本社を新しくするため、現在シアトルに建てる新本社ビルの設計の真っ最中。今回は3つの街区(ブロック)に3つのビルが建てられる予定なのですが、9月25日に3つのうちの1つ、ブロック14に建設する「ミーティング・センター」のデザインや建物の材質に関する話し合いが行われるとのこと。その話し合いの後、本格的に建設手続きに移っていくそうです。

新しいAmazon本社は以下のようにブロックごとに3つのビルが建設されます。


ビルをシアトル全体から見るとこんな感じ。


上から見た様子はこちら。


3つのビルは以下のようにカラーリングされる予定です。


上の図で赤く塗ってあるところは明るいオレンジ。


緑で塗ってあるところはイエローとグリーンを組み合わせています。


そしてオレンジ色に塗ってある部分は通常のビルっぽいカラーリング。


ブロック14に建てられるビルの完成予想図はこんな感じ。


また、別の角度から眺めるとこう見えます。


ビルとビルの間には格子状になった屋根があり、開放的な雰囲気です。


そして高層ビルの隣にあるのが、9月25日の議題の一つであるミーティング・センター。


別の角度から見た様子はこちら。


さらにビル全体を別の角度から見た様子。


また、別のブロックには、以下のような建物もあります。隣に芝生があるこちらはブロック19の建物。


ブロック20の建物。


なお、いつ頃完成するかは現段階では未定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
機能的なデザインにこだわりまくったadidas(アディダス)新本社ビルが秀逸 - GIGAZINE

近未来のSF的なイメージあふれる巨大構造物を撮った写真集「Epic」 - GIGAZINE

Googleのオフィスはいかにして作られたのか - GIGAZINE

殺風景なオフィスと全然違う個性的でクールなデザインのオフィスいろいろ - GIGAZINE

働くのが楽しくなりそうな、世界の独創的なオフィスいろいろ - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.