デザイン

マグネットの力で何でもくっつくスイッチカバー「neocover」


最も強力な永久磁石であるネオジムをライトのスイッチカバーにプラスしたのが「neocover」。置いた場所を忘れがちなカギなどのキーリングをペタっとくっつけることができ、新しくフックなどを取り付けなくともカギを定位置にぶら下げておくことが可能になります。

neocover - Jake Frey
http://www.jakefrey.com/neocover.html

これがneocover。一見何の変哲もないスイッチカバーに見えますが……


ニッケル製のカギは27個までぶらさげることが可能。


キーリングを磁石とくっつければ、車のキーなど電子製品や、USBメモリ、セキュリティーカードなどと一緒に使っても安全とのこと。


ライターやボトルオープナーもペタリ。


トイレのカギもこの通り。


お気に入りのペンもペタッとくっつけることができるので、ペンが見当たらず「どこに置いたんだろう……」と途方にくれることもありません。


犬の散歩用ロープもくっつけることが可能。


緊急時用のライトをくっつけておくと、もしもの時も安心です。


カナヅチだって出掛けにさっと持つことができます。


値段は1つ19.95ドル(約1600円)です。なお、neocoverを作ったJake Freyさんは、ホテルのようにキーをくっつけておいた時だけライトが明るくなるキーホルダーを作れたら面白いのではないか、とコメントしています。

・関連記事
iPhoneやAndroidで遠くからでも電源をオン/オフできる「Elphi」 - GIGAZINE

8変化で世界のコンセントに接続可能な電源変換アダプター「ゴーコン」レビュー - GIGAZINE

電源ユニットに偽装した小箱でネットワークがハッキングされる - GIGAZINE

ネット経由で外から電源オフできる無線LAN機能搭載電源タップ「iRemoTap」、5月から販売開始 - GIGAZINE

ブタに鼻栓をしているような気分になる、差し込み口満載の電源タップ - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logq_fa