ハンモックのようにゆらゆら揺れて眠りを誘うベッド「The Floating Bed」

By Tayrawr Fortune

バスや電車でついうっかり寝てしまうように、揺れは眠りを誘うことが科学的にも証明されていますが、ハンモックのようにゆらゆら揺れることでぐっすり眠れるベッドが「The Floating Bed 」です。固定ベッドとは違い、The Floating Bedでは寝ている間でも体が動き、体内の血液の循環をよくして健康にもいいということです。

Daybed, Outdoor Bed, Canopy Bed | The Floating Bed Co
http://www.floatingbed.com/

ベーシックなタイプはこんな感じ。スタンドが付随してくるので、何もない場所でもベッドを出現させることが可能。


室内でも角材を使ってぶらさげることができます。


組み立て前の様子はこちら。鋼鉄製のフープにカバーを取り付け、ネットを張って使用します。


スタンダード・フローティング・ベッドパックにはベッド本体とフープをカバーするパッド、形状記憶マットレスとカバー、組み立てキットが付いています。


人がたくさん乗っても大丈夫。


部屋の雰囲気に合わせて天蓋を取り付けたり、カバーでアレンジしたりもできます。


ベッドではなく、ソファとしても使用可能です。


リラックスできるため、スパでも使われいます。


軒下につるしてもOK。


木の枝にくっつければ憧れのツリーハウスに。


子どもたちも大はしゃぎです。

By damaradeaella

なお、大きさは直径約2メートル。値段は、スタンダード・フローティング・ベッドパックが3795ドル(約30万円)、自分でカスタマイズするベッド本体と鋼鉄製のフープのセットが2995ドル(約24万円)です。料金をプラスすることによってサイズを2.2メートル、2.4メートルに変更することも可能です。

・関連記事
部屋作りの参考になりそうなものも、練りに練られたデザインの寝床37連発 - GIGAZINE

強力磁石を使って空中浮遊するベッドを自作 - GIGAZINE

ホテルのベッドの上でハイテンションではしゃぐ人々 - GIGAZINE

あまりにも個性が出過ぎている世界のホテルいろいろ - GIGAZINE

なぜハンモックで寝ると気持ち良く眠れるのか - GIGAZINE

68

in デザイン, Posted by logq_fa