アート

死んだ愛猫をフライングキャットマシンとして弔うアート


交通事故で死んでしまったネコを愛したあまり、空飛ぶアートにして弔ったというアーティストが現れました。ネコが前後両足を大きく広げて飛んでくる姿を見ると、生きていたころの元気な姿を思い出して幸せになれるのかも。

Cats away! Artist turns his dead pet into flying helicopter after it is killed by a car | Mail Online



アートを作ったのはオランダの芸術家、バート・ヤンセンさん。彼はオーヴィルというネコを飼っていたのですが車にはねられて死んでしまい、最初は悲しみにくれたものの、オーヴィルを空飛ぶアートにすることで最後の手向けにすることを考えつきました。ちなみに、オーヴィルの名前はライト兄弟のオーヴィル・ライトに由来しています。

ヤンセンさん(後)と飛んでいる「オーヴィルコプター(Orvillecopter)」


ヤンセンさんによれば、オーヴィルコプターは「半猫半機械」で、オーヴィルへの敬意を込めた視覚芸術プロジェクトの1つだとのこと。「かつてオーヴィルがどれだけ鳥が好きだったか。彼は誕生日にもっとパワフルなエンジンと大きな支えを手に入れるんだ。このホッピング飛行は、もうじき安定した飛行になるよ」とヤンセンさんは語っています。

Arjen Beltmanさんによって操作されているオーヴィルコプター


オーヴィルコプターを見つめるヤンセンさん


このアートはアムステルダムで開催されているKunstrai art festivalで見ることができ、観客自らオーヴィルコプターを操作できるそうです。

・関連記事
旧型iMacの画面から猫が出てくるという仕様の猫用ベッド「Think different」 - GIGAZINE

神秘的な美しさを放つ「オッドアイ」の猫たち - GIGAZINE

ヘリコプターの難敵「騒音」にチャレンジする新型ローターブレード - GIGAZINE

スペースインベーダーのような編隊飛行をするクアッドローターのムービー - GIGAZINE

ヘリコプターのメインローターが天使の輪のような光を放つ写真や動画 - GIGAZINE

日本の技術力を見せつけろ、世界最小1人乗りヘリコプター「GEN H-4」 - GIGAZINE

映画のワンシーンのようにヘリコプターが墜落し破壊される瞬間激写ムービー - GIGAZINE

in アート, Posted by logc_nt