ムービー

コミックマーケットの会場の変遷がよくわかるムービー


次のコミックマーケット82は2012年8月10日(金)~12日(日)に東京ビッグサイトにて開催予定なのですが、どういう経緯で今の会場になったのか?それを短くまとめたムービーが秀逸です。

コミックマーケットの会場の変遷 - YouTube


コミックマーケットの会場の変遷


コミックマーケットは1975年に誕生した。初回は参加サークル数わずか32、参加者数約700人で、日本消防会館の会議室で開催された。


1975年:虎ノ門日本消防会館会議室(C1)、サークル数32、参加者数は推定700人(C1)


1977年:大田区産業会館(C5~8、10、11)、サークル数144、参加者数は推定2000人(C8)


1980年:川崎市民プラザ(C14~17)、サークル数400、参加者数は推定8000人(C17)


1981年:晴海国際貿易センター(C19~30)、サークル数680、参加者数は推定9000人(C20)


1986年:東京流通センター(C31~33)、サークル数4400、参加者数は5万5000人(C33、2日開催)


1989年:幕張メッセ(C37~39)、サークル数1万1000、参加者数は12万人(C37、2日開催)


1991年:東京国際見本市会場(C40~49)、サークル数2万2000、参加者数は25万人(C48、3日開催)


1996年:東京ビッグサイト(C50~)、サークル数3万5000、参加者数は56万人(C77、3日開催)


わらわら

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
コミックマーケット74の会場を上から見下ろし、全体像を写真と映像で撮影することに成功 - GIGAZINE

ワンフェスで事故を起こしたエスカレーター、コミックマーケット74ではどうなっているのか? - GIGAZINE

初めてコミックマーケットに参加するときの基礎知識まとめ - GIGAZINE

コミックマーケット74開場直前から開場直後までの人の多さをムービーで仮想体験 - GIGAZINE

コミックマーケット72の最終日に始発電車で行ってきました - GIGAZINE

コミックマーケット74、もうそろそろ午後に突入ですが、今一体どれぐらい混んでいるのか? - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.