ムービー

果物や野菜が腐り行く74日の様子を1分30秒で見るムービー


果物や野菜をあまりに長い期間放置して腐らせてしまい、色が変わってしまった果物を見て「このままさらに放っておいたらどうなるんだろう?」という好奇心を覚えた人も少なくないのではないでしょうか。

下に掲載するムービーは、リンゴやイチゴ、トマトやジャガイモなど、家庭で一般的に使われる果物や野菜をひたすら放置し、その腐ってゆく様子を撮影したタイムラプス映像です。


※虫などは人によっては不快と感じる可能性があります。閲覧にはご注意ください。

Webiocosm

‪Fruit and Vegetable Decomposition, Time-lapse‬‏ - YouTube


果物と野菜が土を敷き詰めたバケツに乗せられています。観察は74日間行われ、40分に1枚の画像を撮影し、映像ではそれを秒間30フレームの速度で再生しています。1秒間に約20時間が経過している計算です。


まずすぐさま右下のイチゴが崩壊しました。


イチゴに続いて桃が黒くなっていきます。


左側ではトマトから液体が噴出。


バナナも黒くなり、トマトはすっかり潰れてしまいました。


ここでついに青リンゴの色が変わってきました。


青リンゴが枯れたような色に変わり、バナナは元がバナナだったことが分からないほど真っ黒に。


桃やイチゴはすでに「土に帰った」という表現がふさわしいような状態に。


おや? ジャガイモの様子が……。


ジャガイモから芽が出始めました。


ぐんぐん成長してゆくジャガイモ。


もはや「芽」という段階を完全に越えています。


画面に入り切らないほど成長したところで観察終了。自然の神秘を感じさせるムービーとなりました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
食べ物が腐敗するとどのように変化していくかを撮影したムービーあれこれ - GIGAZINE

日本ではあまり見かけない、10種類のめずらしい果物 - GIGAZINE

警察組織の腐敗をテーマにした映画「ポチの告白」の高橋玄監督にインタビューしてみた - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.