一晩で3連続落雷、エンパイア・ステート・ビルディングに落ちたすさまじい雷をとらえたムービー


現在世界中のほとんどの国で高層建築には避雷針の設置が義務づけられていて、高さのある避雷針ほど雷をひきつけやすいため、高層ビルへの落雷は決して珍しいことではなく、大都市に雷雨が訪れれば必ずどこかのビルに雷が落ちていると言っていいほど日常的に起きている現象です。しかし、実際に雷雨のときに街へ出て空を見上げ、超高層ビルに雷が落ちる瞬間を目撃する機会はなかなかないかもしれません。

マンハッタンの象徴とも言えるエンパイア・ステート・ビルディングに3度も連続で雷が落ちる様子をとらえた映像は、「ゴーストバスターズ」のワンシーンかとでも思うようなダイナミックで現実離れした光景となっています。

再生は以下から。YouTube - Empire State Building: Lightning Strikes Thrice!


映像はマンハッタンのビル群を望む高層マンションの一室から撮影されたもの。中央がエンパイア・ステート・ビルディング、画面右端にはクライスラービルが見えます。


2011年4月13日にニューヨークを襲った激しい雷雨の際、深夜すぎに立て続けに3度エンパイア・ステート・ビルディングに落雷したそうです。空がうっすらと明るくなったかと思うと……


一瞬すべてが真っ白に。


光がエンパイア・ステート・ビルディングの先端に収束されていくようにも見えます。


1本の明るい稲光に。


稲光が細くなっていくとともに、周囲を照らすだけの光量がなくなり、街が暗く戻っていきます。


2度目の落雷。まず細く枝分かれした稲妻があらわれ……


光量を増し、周囲を明るく照らします。


ビルの先端に火の玉が載ったような状態に。


やがて逆三角形型に収束し……


くっきりとしたV字型の稲光となりました。


3度目の落雷もまたダイナミック。


一瞬昼間のように明るく街を照らすほどの光量。


放電が進むと徐々に雷光が細くなり、夜の街の暗さに戻っていきます。


この後さらにもう一度落雷があったそうですが、残念ながらその際にはカメラを回していなかったとのこと。夜のマンハッタンの超高層ビル群を観察するのが趣味という撮影者ですが、一晩にここまで立て続けにエンパイア・ステート・ビルディングへの落雷を見たのは初めてとのことです。

・関連記事
3つのビルに同時に落雷する、まるでこの世の終わりのようなムービー - GIGAZINE

エンパイアステートビルに雷が落ちる瞬間のムービー - GIGAZINE

2度の落雷から生き延びたラッキーな男 - GIGAZINE

ものすごく幻想的な、雷と虹が同じ空にある写真 - GIGAZINE

超至近距離に落雷した瞬間を撮影、部屋のコンセントが火花を吹いてパソコンのモデムが故障 - GIGAZINE

たった一度の落雷で52頭の牛が死亡 - GIGAZINE

車は落雷を受けても大丈夫なのか、実際に人を乗せて実験したムービー - GIGAZINE

地震・雷・火事・親父のうち一番死亡確率の高い物はどれか - GIGAZINE

0

in 動画,   メモ, Posted by darkhorse_log