メモ

子どもの学校で乳房をさらけ出した母親が逮捕される

by TheChanel

息子の通う高校を訪れた母親が、やはり所用で高校を訪れていた別の成人女性が着ていた胸元の大きく開いた服について「谷間を見せすぎだ」と注意したところ口論となり、最終的には怒りにかられ乳房を露出し、公衆の面前でもみしだいて逮捕されるという事態になってしまったそうです。

なにがなんだかよく分からない事件ですが、詳細は以下から。Cleavage Beef Ends With Woman's Bust | The Smoking Gun

2月14日午前、17歳の息子の進路指導教員との面談のためフロリダ州マナティー郡BradentonのBayshore高校を訪れていたLaura Campanello容疑者(43歳)が、入学予定の子どもとその母親に付き添って高校を訪れていた別の成人女性に対し「胸を隠しなさい」と注意したところ、怒鳴りあいの口論となり、Bayshore高校担当のマナティー郡保安官Greg Jenkins氏が呼ばれました。午前11時20分ごろに保安官が到着した際には、Campanello容疑者のみが声を張り上げて叫んでいて、注意された側の女性は黙り込んでいる状態だったそうです。

居合わせた一同がJenkins保安官とともに事務室へ入ると、Campanello容疑者は保安官に対し「女性の服装は不適切で、高校を訪れるにふさわしくない」と訴えたのですが、保安官は「大人の女性に対し服装を指導することはできない」と取り合いませんでした。するとCampanello容疑者は怒りにかられたのか、「Oh then I can......just do this」(「じゃあ、わたしがこんなことをしてもいいって言うのね?」というようなニュアンス)と言うと、口論の相手の女性やその女性が同行していた女性(入学予定の生徒の母親)、高校の事務員、Campanello容疑者の夫、そしてJenkins保安官が見守るなか、ブラウスを引き下げて両手を胸元へ入れ、2つの乳房を引きずり出し露出すると、両手でぎゅっと乳房を寄せ合わせたそうです。

Laura Campanello容疑者(43歳)。


風紀紊乱行為(ふうきぶんらんこうい)で逮捕され郡の拘置所で一晩過ごしたCampanello容疑者は翌朝保釈金220ドル(約1万8000円)で釈放されました。

元スペイン語教師で、病気療養のため家族とともに最近オハイオ州からフロリダへ移住したというCampanello容疑者は、報道機関の取材に対し、乳房を露出した事実はないと述べ、「わたしは礼儀正しい人間です。Jenkins保安官は小太りで失礼で下品でいやらしい人物で、わたしを目の敵にしていました」と語っています。騒動によりPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんでいて、学校と郡保安官事務所に対し訴訟を起こす考えとのことです。

Campanello容疑者の17歳の息子が今後つらい思いをすることがないよう、学校側にはデリケートな対応が要求されそうです。

・関連記事
母親が飲酒運転していると車内から8歳の息子が通報 - GIGAZINE

トイレで暴言を吐いていた女性が逮捕される - GIGAZINE

CATV会社のひどい対応に怒りの75歳女性、ハンマーを持って殴り込み - GIGAZINE

レイプ被害者の母親が報復のため犯人を焼き殺す - GIGAZINE

太りすぎてノーパンだった男、ショッピング中にズボンが破れて逮捕 - GIGAZINE

男性を魅惑するのに必要な露出度はいったい何%なのかが判明 - GIGAZINE

世にも奇妙な「乳房雲」 - GIGAZINE

in メモ,   Posted by darkhorse_log