ハードウェア

低価格ミニノート「Aspire One」の一部モデルが来月以降に値下がりか


Acerの低価格ミニノート「Aspire One」の一部モデルが来月以降に値下がりする可能性があることが明らかになりました。

これは自社内で競合する製品が発生することによるもので、販売終了も視野に入っているとのこと。

詳細は以下から。
Acer to launch 11.6-inch ultra-thin notebook in July

この記事によると、Acerは7月に11.6インチの液晶ディスプレイを搭載した超薄型ノートパソコン「Aspire Timeline」の発売を計画しているそうです。

そして競合を避けるために、Acerは低価格ミニノート「Aspire One」の11.6インチ液晶搭載モデルの販売を終息させるか、11.6インチ液晶を搭載した「Aspire Timeline」を発売した後、「Aspire One」の11.6インチ液晶搭載モデルの価格を下げることで、「Aspire Timeline」シリーズと「Aspire One」シリーズの間で明確な境界を作るのではないかと予測されているそうです。

なお、以前GIGAZINEでもお伝えしましたが、11.6インチ液晶搭載モデルの「Aspire One」は思った以上に売れ行きが鈍く、すでに減産が行われていることが明らかになっています。

・関連記事
ついに2次元が3次元に、Acerが「3Dノートパソコン」を発売へ - GIGAZINE

Acerが今年中に9台のスマートフォンを発売へ、Googleの「Android」採用モデルも - GIGAZINE

Acer、Core 2 Duo搭載で長時間フル稼働できる薄型超低価格ノート「Aspire Timeline」や「Aspire One」新モデル、「Aspire Revo」などを発表 - GIGAZINE

低価格ミニノート市場が現在どれだけ大混戦状態なのかを一目で理解できるグラフ - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log