自分の魂をオークションで売ろうとしたミュージシャン、運営に出品が取り消される


魂の取引をする相手といえば悪魔ですが、大手ネットオークションサイトのeBayに自分の魂を出品したミュージシャンがいるそうです。しかし、運営側からは出品の取り消しを命じられたとのことで、結局人間同士での魂の取引は不成立になった模様。

詳細は以下から。
eBay bans man from selling his soul | Metro.co.uk

魂を出品したのは24歳のミュージシャンDante Knoxx氏。パソコン修理屋という自分の創造性を役立てられない仕事をやめて、自分の音楽グループ「Paradigm」に費やすための資金を得るため魂を出品したそうです。新しい魂の所有者はDante氏の収入の1%、最低補償額で年間1000ポンド(約13万円)を得られ、「Paradigm」の知的活動の10%とDante氏の所有する土地の10%を得る権利があり、Dante氏が魂を買い戻すには1億ポンド(約138億円)必要だと説明には書かれていたとのこと。

最初は約2万5000ポンド(約346万円)からスタートしたオークションは最終的に70万ポンド(約9694万円)にまでなったのですが、規約に違反しているということで出品は取り消されることになりました。

「物理的ではないものは売れないらしい。200人は僕の出品を見ていたけど残念だ」とDante氏は話しているそうです。

・関連記事
サザビーズのオークションにかけられたフィギュア、16億円で落札 - GIGAZINE

人間の皮膚で装丁された本がオークションに - GIGAZINE

テレビの前の特等席をオークションにかけた女性 - GIGAZINE

「機動戦士ガンダム」の絵画が海外のオークションで高騰、6500万円で落札 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log