ムービー

無人補給宇宙船が廃棄されて光の尾を引くムービー


国際宇宙ステーションに物資などを補給する欧州補給機(ATV)「Jules Verne」が役目を終えて、解体廃棄される様子をとらえたムービー。

Jules Verneは軌道を変えるエンジンを動かして地球に突入し、地上約75kmで壊れ始めたそうで、最期の輝きは幻想的な美しさとなっています。

詳細は以下から。
582ポンド(260kg)の廃水と1800ポンド(約816kg)の廃棄物を乗せて地球に突入するATV。
YouTube - ESA Jules Verne ATV Re-entry Breakup



Spaceflight Now | Breaking News | Europe's station resupply ship concludes mission

Jules Verneは、2008年4月上旬から5ヶ月間で1万ポンド(約4500kg)以上の物資を輸送していたとのこと。2015年までにさらに4つのATVの運用が計画されていて、次のATVは2010年に打ち上げられる予定になっているそうです。

NASAの公式サイトでは高解像度の写真が見られるようになっています。
NASA - Re-entry Breakup of Jules Verne Automated Transfer Vehicle Captured


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
日食時に地球がどのようになっているのか衛星から撮影された写真 - GIGAZINE

無人惑星探査機ボイジャーに搭載された宇宙人向けの音や画像 - GIGAZINE

中国の作ったデブリが宇宙ステーションと激突する軌道ムービー - GIGAZINE

SF映画などで出てきた全宇宙船の巨大さ比較画像 - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.