試食

キリンビバレッジ「ディアボロ・ジンジャー」は強烈なショウガ味


キリンビバレッジの「世界のKitchenから」シリーズの第2弾、「ディアボロ・ジンジャー」を買ってきました。ジンジャーのソーダということですが、飲む機会の多いジンジャーエール・カナダドライとはまったくの別物でした。ショウガ風味と炭酸、そこにグレープフルーツ果汁が入ってかなりすっきりした飲み口です。

詳細は以下の通り。
ディアボロ・ジンジャーができるまで。国産ショウガをスライスして搾ったショウガ汁を砂糖と一緒に煮詰め、スパイスを効かせて、グレープフルーツ果汁と炭酸で割ったそうです。


こちらが原材料。


グラスに注いだところ。よくあるジンジャーエールのような色ではなく、白く濁ったような色。


泡がかなり多い。炭酸は強め。


グラスに注ぐときから少し鼻がムズムズするような感じがしていて、一口飲んだらショウガ風味が口の中でスパーク。甘めの炭酸飲料に慣れているとかなり違和感を感じる味ですが、不思議と飲んでいるうちにのどから胃にかけてスーッとしてきます。グレープフルーツの酸味とジンジャー風味がほどよい組み合わせになっていて、強めの炭酸がさわやかさを支えている感じ。ちょっと独特な味ですが、刺激が欲しい人はぜひ。

キリンビバレッジのリリースは以下。

世界の家庭の“おいしいもの”をヒントにした「キリン 世界のKitchenから」第2弾!
「キリン 世界のKitchenから ディアボロ・ジンジャー」8月7日(火)新発売~ 煮つめておいしくなったジンジャーのソーダ ~

・関連記事
ジンジャーエール飲み比べ、一番辛いのはどれ? - GIGAZINE

キリン「ヌューダ グレープフルーツ&ホップ」は何だかえもいわれぬ味 - GIGAZINE

「キリン 午後の紅茶 スペシャル ダージリンスパークリング」の味は…。 - GIGAZINE

亜鉛を7mg配合した「キリン Z7」はどことなく昔のゲータレード風味 - GIGAZINE

烏龍茶+杜仲茶+ウコン茶=「キリン 分解茶」を飲んでみた - GIGAZINE

「キリンレモンセレクト」と「キリンレモンブラック」を飲んでみた - GIGAZINE

キリン、どの指でも開けやすい「かんたん缶」を開発 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt