サイエンス

ジュースは身体に極めて悪影響を及ぼすかもしれません


イギリスの大学が発表した研究によると、ファンタ、ペプシマックス、スプライト、ドクターペッパーなどの一般的に販売されているジュース(清涼飲料水)に用いられている食品添加物に、健康を極めて害するおそれがあるそうです。

これから暑くなるにつれてどんどんジュースを飲む機会が増えると思われるだけに、以前GIGAZINEでお伝えしたゲータレードはコカコーラよりも早く歯を溶かすかもしれないことと合わせて気になります。

詳細は以下から。
Caution: Some soft drinks may seriously harm your health - Independent Online Edition > Health

この記事によると、今回イギリスのSheffield大学が発表した研究結果で問題視されているのは、ファンタ、ペプシマックス、スプライト、ドクターペッパーや一部のピクルス、ソースなどに防腐剤として用いられている「ナトリウム安息香酸塩(安息香酸Na)」だそうです。

ナトリウム安息香酸塩はビタミンCと結びついた場合に発ガン性物質「ベンゼン」を発生させることがすでに懸念されているそうですが、今回Sheffield大学の分子生物学ならびにバイオテクノロジーを専攻しているPeter Piper教授が、イースト菌に対して投与する実験を行ったところ、酸素を消費することでエネルギーを細胞に供給する「ミトコンドリア」が損傷することが確認されたそうです。これによりDNAがダメージを受け、パーキンソン病などの病気が引き起こされるのではないかとのこと。

この結果を受けて、Peter Piper教授は、防腐剤が含まれた飲みものを買うことに対して、親は注意深く考えるべきであるとアドバイスしたそうです。

もし事実ならとんでもない話ですねこりゃ。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ネットで購入した薬にウランやホウ素が混じっていたため購入者が死亡 - GIGAZINE

アメリカでガンを治療する新しい方法が特許に - GIGAZINE

Googleからお薬が届きました - GIGAZINE

各種飲料に含まれるカフェイン量をまとめたサイト「The Caffeine Database」 - GIGAZINE

タイで開発されたスタミナドリンク「レッドブル (Red Bull)」 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in サイエンス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.