メモ

ハンバーガーや乳製品を食べ過ぎると満腹感を感じにくくなる


ハンバーガーやアイスクリームなどの乳製品を食べると、満腹感を感じにくくなり、ついつい食べ過ぎてしまう可能性があるそうです。

これはある飽和脂肪酸が原因のようで、その影響はしばらくの間持続するとのこと。

詳細は以下より。
Junk food alters brain chemistry and leads to bingeing | Mail Online

この記事によると、ハンバーガーやチョコレート、アイスクリームといったジャンクフードを食べると満腹感を感じにくくなり、結果として食べ過ぎてしまうことが研究で明らかになったそうです。

これはテキサス大学のデボラ・クレッグ博士が行った実験により判明したことで、ハンバーガーのパテに利用される牛肉や乳製品などに含まれるパルミチン酸という飽和脂肪酸が、食欲を規制するレプチンインスリンの信号を脳が無視するよう働きかけてしまうのが原因のようです。

また、パルミチン酸が脳に与える影響は数日間にわたって持続しているようで、ハツカネズミで行われた実験では3日間ほど影響が残っていたとのこと。

もしこのことが人間にも当てはまるようであれば、ハンバーガーや乳製品を食べた後の数日間は、しっかりとカロリー計算をしておかないと、いつの間にか太ってしまうことになりそうです。

・関連記事
食べても太らない体にできる酵素が発見される - GIGAZINE

肥満防止には1時間長く寝ることが必要かもしれません - GIGAZINE

肥満を解消させる薬が5年以内に完成するらしい - GIGAZINE

「ウーロン茶を飲んでいると肥満にならない」は本当だった - GIGAZINE

体重管理には日光が重要な役割を果たすかもしれません - GIGAZINE

孤独は喫煙や肥満と同じくらい人体に悪影響を及ぼす - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log