ネットサービス

「TweetDeck」が正式に「XPro」に改名


Twitter公式ウェブアプリとして広く知られている「TweetDeck」が、Twitterのブランド名がXに変わりつつある潮流の中でついに「Xpro」という名称に変更されました。

TweetDeck is now called 'XPro' 
https://9to5google.com/2023/08/01/tweetdeck-xpro/


新しいTweetDeckには「X」のロゴと共に「XPro」の名称が表示されています。一方でURLはtweetdeck.twitter.comのままです。


なお、旧デザインで表示すると「TweetDeck」が戻ってきます。戻し方は以下の記事で解説しています。

TwitterがTweetDeckの旧バージョンを復旧、いつまで利用できるかは不明 - GIGAZINE


Twitterは2023年7月4日に「TweetDeckにアクセスするユーザーは『認証』されている必要がある」と投稿し、この規定は30日以内に適用すると伝えていたことから、これまで誰でも無料で使えたTweetDeckが有料サブスクリプションのTwitter Blue(現X Blue)加入者しか使えないツールになるのではないかとの懸念が生じていました。


今回のXProへの変更は、アプリを利用できるユーザーを限定するための布石だとみられています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Twitterが「TweetDeck」の新デザイン強制移行を実施、30日後に有料化する可能性濃厚で旧版は使用不能 - GIGAZINE

イーロン・マスクが「TweetDeck」を「XPro」に改名する意向を表明 - GIGAZINE

Xが「ツイート」を「投稿」に変更するテストを実施中 - GIGAZINE

Twitterから生まれ変わったXで「有料ユーザーであることを示す青色チェックマーク」を隠すオプションが利用可能に - GIGAZINE

ついに旧TwitterのiOSアプリが「X」に完全改名される - GIGAZINE

in ネットサービス,   デザイン, Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.