ハードウェア

「4万時間使うとSSDが動作不能になる」という不具合報告が話題に


近年、SSDの大容量化および低価格化が進み、多くのデスクトップマシンやモバイルマシンでSSDが採用されるようになりました。SSDは普及当初は書き込み回数制限による寿命の短さが指摘されていましたが、技術開発が進んだことによって「一般的な使用方法なら寿命を気にする必要はない」という状況に至っています。そんな中、ニュース共有サービスのHacker Newsで「ファームウェアのバグが原因で、SSDを4万時間動作させると動作不能になる」という不具合報告が話題となっています。

SSD will fail at 40k power-on hours (2021) | Hacker News
https://news.ycombinator.com/item?id=32048148

SSDの登場初期は、構造上の理由から書き込み回数に制限が存在し、頻繁にストレージへの書き込みが発生する環境ではSSDの使用が推奨されないこともありました。しかし、2015年にはSSDに1年以上データを書き込み続ける耐久試験によって「毎日10GBのデータ書き換えを行っても7万日(190年)使用可能」であることが確かめられており、近年では「一般的な使い方をする限りはSSDの寿命を気にする必要はない」という考え方が主流となっています。

SSDにデータを書込みまくり再起不能に追い込む耐久試験で分かった信頼性に関する真実とは? - GIGAZINE


上記のようにSSDの寿命問題はほとんど解決したように思われていましたが、2020年にはエンタープライズ向けのハードウェアを製造するHewlett Packard Enterpriseが「製造したSSDのファームウェアにバグが存在し、累計稼働時間が4万時間に到達するとSSDが使用不能になる」という不具合を報告。さらにネットワーク機器大手のCiscoも同時期に「業界全体のファームウェアのバグによって、4万時間動作させたSSDが使用不能になる」という不具合を報告しました。

上記の不具合に関しては、各メーカーが問題を解決する修正パッチを公開しています。しかし、2022年7月に上記のCiscoによる不具合報告がHacker Newsで共有され、多くのユーザーが自身のSSDの稼働時間を報告して大きな盛り上がりを見せています。


HDDやSDDなどのストレージは「S.M.A.R.T.」と呼ばれる自己診断規格を採用しており、S.M.A.R.T.情報を閲覧できるアプリを用いて累計稼働時間や動作温度などを確認できます。Hacker Newsには、「S.M.A.R.T.の情報を確認した結果、7万4233時間稼働していたことが明らかになった」といった自身のSSDの稼働時間を報告する投稿が多く寄せられています。一方で、「S.M.A.R.T.の情報を閲覧した結果、明らかに実際の稼働時間と異なる時間が出力された」という投稿も存在。これは、全てのSSDメーカーがS.M.A.R.T.規格を正確に実装しているわけではないことを示しています。

なお、WindowsでSSDの稼働時間を調べる際は、老舗ストレージ情報表示アプリ「CrystalDiskInfo」などを使うのがオススメです。また、LinuxやmacOSを使っている場合はコマンドラインツール「smartmontools」をインストールすることでS.M.A.R.T.の情報を簡単にチェックできます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
和服美少女がHDDやSSDの異常を検知するとかわいい声で教えてくれる「CrystalDiskInfo 5 Shizuku Edition」 - GIGAZINE

HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2021年版、故障率が最も高かったのは? - GIGAZINE

「結局HDDは何年間壊れずに動いてくれるのか?」をHDD故障率レポートで知られるBackblazeが解説 - GIGAZINE

SSDにデータを書込みまくり再起不能に追い込む耐久試験で分かった信頼性に関する真実とは? - GIGAZINE

毎日バックアップしている人がどれぐらいいるのか調査結果発表、データ損失経験の割合も明らかに - GIGAZINE

SSDの耐久寿命を伸ばすための技術「ウェアレベリング」に有効性はないという研究結果 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.