試食

サブウェイ史上最重量級&最香という「THE ワイルドクラブハウス」試食レビュー、燻製風味とチポトレソースの辛さ&酸味が相性抜群の一品


サブウェイが史上最重量級&最香とうたう「THE ワイルドクラブハウス」が2021年11月17日(水)に登場しました。「チポトレチキン・ベーコン・たまごのメイン具材三種の重量は歴代3位となる102g、チポトレソース・ベーコン・チリソースは「口いっぱいに香り立つ」というほど燻製してあるとのことなので、実際に食べてみました。

サブウェイ史上最重量級・贅沢サンドにガブりつけ!2021年を締めくくる最香にスモーキーでワイルドな食べ応え~『THE ワイルドクラブハウス』2021年11月17日(水)より新発売~
(PDFファイル)https://origin.subway.co.jp/upload/press/HP20211104.pdf

サブウェイにやってきました。


レジ横には目当てのTHE ワイルドクラブハウスをアピールするポスターが掛かっています。


早速注文。サブウェイではバンズや追加する野菜を選ぶこともできますが、今回は全てオススメで注文しました。


テイクアウトで持ち帰ってきました。THE ワイルドクラブハウスは味付けを「チリソース」「ブラックペッパー」から選べるとのことなので、今回は両方注文。店員さんがブラックペッパーのほうの包み紙に「ペッパー」と書いてくれました。


というわけで、まずはチリソースの側から開封。


中を開けてみた様子が以下。


上段側はチポトレチキンとベーコン、たまごにチリソースとチポトレソースがたっぷり掛かっています。ベーコンとチリソース、チポトレソースは燻製しているとのこと。


下段はレタス・トマト・ピーマン・オニオンの野菜という構成。


実際に食べてみると、チリソースとチポトレソースのピリ辛…… というよりも舌をビリッと刺すような「ビリ辛」とでも評したくなる辛さが感じられます。口の中が熱くなるほど辛さは強いのですが、辛さ一辺倒というわけではなく、チポトレソースの酸味も十分。こうしたソースにプリプリのチキンとまろやかな味わいのたまごスプレッド、香ばしく燻製されたベーコン、そしてフレッシュな野菜が相性抜群です。


続いてはブラックペッパーのほうを食べます。


具材は先ほどと共通。


相違点は味付けがチリソースからブラックペッパーになっているという点。


食べてみると、チポトレソースの辛さと酸味はしっかりと感じられるものの、先ほどのような刺すような辛さはないので、「辛さが強いのはちょっと」という人にはこちらがオススメ。噛みしめるとブラックペッパーの風味が口から鼻に抜けるように感じられるほか、先ほどはチリソースの辛さでわかりにくかったチキンや野菜などの各種具材の味わいや燻製の風味が個々に感じられる印象でした。


「THE ワイルドクラブハウス」はレジャー施設内店舗など一部を除く全国のサブウェイで2021年11月17日(水)~2022年1月18日(火)まで購入可能。価格は税込520円です。

また、11月29日の「いいにく(1129)の日」を記念して、2021年11月20日(土)~11月29日(月)には「特盛ワイルドクラブハウス」が登場。通常サイズに+60円した税込価格580円で、チキンを1.5倍に増量できるとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
チキンフィレ&メンチカツのダブル揚げ物をマスタードで爽やかに楽しめるケンタッキー「チキンフィレ&メンチカツサンド」試食レビュー - GIGAZINE

熱々チーズが流れ出てくるファミリーマートの「とろ~りチーズのタッカルビまん」を食べてみた - GIGAZINE

お肉たっぷりスキヤキ&分厚いハンバーグを楽しめるモスバーガー「とびきり とろったま スキヤキ仕立て」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.