メモ

Twitterでつぶやかれた最初のツイートが約3億円で落札、なお出品者は全額慈善団体に寄付


現存する最古のツイートが非代替性トークン(NFT)としてオークションにかけられ、2021年3月22日、最終的に約300万ドル(約3億円)で落札されました。

Jack Dorsey’s first tweet sold as an NFT for an oddly specific $2,915,835.47 - The Verge
https://www.theverge.com/2021/3/22/22344937/jack-dorsey-nft-sold-first-tweet-ethereum-cryptocurrency-twitter

落札されたツイートは、Twitterの共同創設者兼CEOのジャック・ドーシー氏による「just setting up my twttr(ツイッターの設定をしているところです)」というものです。


2021年3月5日、ドーシー氏はこのツイートを、ツイート専門のオークションサイト「Valuables By Cent」にNFTとして出品しました。NFTとは、取引記録を正確に記録する「ブロックチェーン」の仕組みを利用して所有権が明確化されている「デジタル資産」のこと。ブロックチェーンがどのような仕組みなのかはこの記事、NFTがどのようなものかというのは以下の記事を読むと分かります。

デジタルな概念に唯一無二の価値を与える「非代替性トークン(NFT)」とは一体何なのか? - GIGAZINE


2006年3月22日につぶやかれたドーシー氏によるツイートはTwitterサービス開始後初めてのツイートであり、これに価値を見いだした人がこぞってオークションに参加。最初は1ドル(約109円)からのスタートだったオークションが、100ドル(約1万900円)、1000ドル(約10万9000円)、1万ドル(約109万円)と増えていき、最終的に291万5835.47ドル(約3億2000万円)で落札されました。落札者は暗号資産のプラットフォームを提供する企業「Bridge Oracle」のCEO、シナ・エスタビ氏です。同氏はドーシー氏のツイートについて「これはただのツイートではありません。数年後、人々はこのツイートの真の価値に気づくと思います」と自身の価値観を表明しています。


なお、ドーシー氏はこのオークションで得たお金を全額、貧困の中で暮らす人々のために寄付しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「現存する最古のTwitter投稿」に2億7000万円以上の値段がオークションでつけられる - GIGAZINE

「10秒のムービーが7億円で売れた」背後には何があるのか? - GIGAZINE

インターネットの「無限の複製」能力を封じる可能性を秘めたコピー不可能なデジタルデータ「NFT」とは? - GIGAZINE

1枚のNFTアートが史上最高額の75億円で落札される - GIGAZINE

in Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.