試食

カロリーゼロなのに果汁たっぷりで「甘党向け炭酸水」にした「サントリー天然水スパークリング 贅沢しぼり グレープフルーツ」試飲レビュー


果汁や柑橘オイルをたっぷり入れることで、カロリーゼロなのにグレープフルーツのしっかりした甘酸っぱさを再現したという甘党向け炭酸水「サントリー天然水スパークリング 贅沢しぼり グレープフルーツ」が2021年3月16日(火)から登場します。「サントリー天然水スパークリング」シリーズ史上最も多い量の果汁を使用したというドリンクの仕上がりを、一足先に飲んで確かめてみました。

「サントリー天然水スパークリング 贅沢しぼり グレープフルーツ」新発売 | ニュースリリース | サントリー食品インターナショナル
https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF1074.html

「想像以上にグレープフルーツ!?」と書かれた箱が編集部に到着。


箱の側面にわたって「超!果実」「新!炭酸」の文字が書かれており、主張の強い感じですが……


箱を開けると内側には爽やかなグレープフルーツのイラストが描かれていました。


ボトルを取り出してみるとこんな感じ。


内容量は500mlなので一般的なペットボトルと同じサイズですが、グレープフルーツの表面のような凹凸があります。ラベルによると、グレープフルーツ果汁がいつもの2倍だそうです。


100mlあたりのカロリー・タンパク質・脂質はゼロ。炭水化物は1gで食塩相当量が0.03gです。原材料名にはナチュラルミネラルウォーター、グレープフルーツ果汁、高果糖液糖などが並び、柑橘オイルの文字は見当たりませんでした。


中身が分かりやすいようにグラスに注いでみると、シュワシュワと音を立てて泡立ち、強炭酸であることがよくわかります。少し濁りがあり……


白い背景の前にかざしてみると、ほんのり黄色味を帯びていることが見てとれます。


「甘党向け」とのことなのでジュースのような甘さなのかと思いきや、シュワッとした炭酸と共に口の中に広がるのはグレープフルーツのよい香りと、ほのかな甘さ&酸味。無糖炭酸のツンとした感じが果汁で和らいでおり、かと言ってべたつく甘さは一切なく、炭酸水に搾ったグレープフルーツ果汁を入れたかのような爽やか仕上がりです。「ガツンと甘い物を飲みたい」という気分の時には肩すかしを食らいそうですが、「ベタッとしたドリンクの甘さが苦手だけど適度な甘さは好き」という人には「まさにこれが欲しかった!」となる完成度でした。


なお、「サントリー天然水スパークリング 贅沢しぼり グレープフルーツ」は2021年3月16日(火)からの登場で、希望小売価格は税別124円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アメリカ人が「オロナミンC」など日本独特の炭酸飲料を飲んだ感想は? - GIGAZINE

「缶入りの炭酸飲料を指ではじくと噴き出さない裏技」が科学的に否定される - GIGAZINE

世界を席巻するコカ・コーラを地元の炭酸飲料が打ち負かした国がある - GIGAZINE

ロゴやデザインだけではなく味の違いもある世界中の「コカ・コーラ」の注目ポイント - GIGAZINE

日本の飲料メーカーが強すぎて「スプライト」が見当たらないガラパゴス状態 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.