ソフトウェア

Microsoftが新メールアプリ「One Outlook」を開発中だと判明


Microsoftが新メールアプリ「One Outlook」を開発していることがリークによって明らかになりました。One OutlookはWindows・Mac・Webに対して異なるバージョンのOutlookクライアントが配布されているという現状を解消し、「全てのOSで使用できる単一のOutlookクライアント」を提供することを目的にしていると報じられています。

Microsoft is building a new Outlook app for Windows and Mac powered by the web | Windows Central
https://www.windowscentral.com/project-monarch-outlook-web-universal-email-client-microsoft

Microsoft’s new ‘One Outlook’ app leaks online - The Verge
https://www.theverge.com/2021/1/4/22213300/microsoft-one-outlook-app-windows-10-mail-app-calendar-replacement

Microsoft to replace its many mail variants with 'One Outlook' | ZDNet
https://www.zdnet.com/article/microsoft-to-replace-its-many-mail-variants-with-one-outlook/

「Outlook」とひとくちに言っても、OutlookにはWeb版OutlookやWindows版Outlook、Mac版Outlookなどさまざまなバージョンが存在し、それぞれのOutlookは異なるソースコードで動作しています。One Outlookは、PCやMacなどのOSを問わず同一のソースコードで動作し、共通のユーザーエクスペリエンスを提供することを目標として開発中の新型Outlookで、Microsoft内部では「Monarch」とも呼ばれています。


One Outlookの存在が明らかになったのはリークが原因。記事作成時点では削除されていましたが、初期バージョンのOne Outlookが「https://monarch.azurewebsites.net/」にホストされており、Microsoftの内部アカウントを使うことで使用が可能だったとのこと。

実際に内部アカウントでアクセスできたOne Outlookのトップページが以下。「One Outlook(別名Monarch)は、大型スクリーンエクスペリエンス向けにデザインされた新しいバージョンのOutlookで、デスクトップ版Windows(win32、UWP、ARM)やOutlook Web Access、デスクトップ版Macを内包しています」と記されています。また、インストラクションには、公開されているバージョンが社内専用のものである点や、「setup.exe」を動かしてもWindows Defender Smart Screenが警告を発するケースがあるという点、オフライン版が存在しない点などの注意事項が明記されています。


Windowsを専門的に扱うニュースサイトのWindows Centralは、Microsoftは2021年中にOne Outlookのプレビューを開始し、2020年中にWindows 10のメールアプリ・カレンダーアプリと置き換える予定だと報じています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
MicrosoftのOfficeアプリがApple Silicon搭載Macにネイティブ対応 - GIGAZINE

Microsoftが「人間以上の精度で画像に説明文を追加するAI」をWordやOutlookなどの改善に使用 - GIGAZINE

MicrosoftがAIアシスタント「Cortana」のスマホアプリなど一部のサポートを終了へ - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.