乗り物

「空飛ぶ自動車」がヨーロッパの公道を走る許可を取得


オランダのPAL-Vが開発している世界で初めて折りたたみ式プロペラを搭載し、走行・飛行の双方に対応した空飛ぶ自動車「PAL-V Liberty」が、EUの公道を走る認可を取得。発売実現に一歩近づきました。

Dutch flying car gets permission to drive on European roads
https://www.psychnewsdaily.com/dutch-flying-car-pal-v-gets-permission-to-drive-on-european-roads/

World’s First Flying Car Hits The Road | PAL-V
https://www.pal-v.com/en/press/worlds-first-flying-car-hits-the-road

PAL-V Libertyは、197馬力の飛行用エンジンと天面に備えられた折りたたみ式プロペラによって飛行が可能かつ、100馬力の走行用エンジンと3輪のタイヤで路上も走行できるという「空も飛べる自動車」。プロペラは自動的に展開・収納され、走行モードから飛行モードへは5~10分ほどで変形可能。


そんなPAL-V Libertyが高速カーブテストやブレーキテスト、排ガス検査などの公道走行許可試験を突破し、ヨーロッパでの公道走行許可を取得。オランダ自動車局がナンバープレートを交付しました。

PAL-V Libertyが実際にオランダの公道を走っている様子は以下のムービーで視聴可能です。

Flying Car PAL-V Liberty Hits The Road - YouTube


「ライセンスプレートは小さいものですが、我が社にとっては大きな一歩です」と語るPAL-Vの共同創立者兼CEOのRobert Dingemanse氏。


うなりを上げてオランダの街中を走行するPAL-V Liberty。走行・飛行の両方で最高速度は時速180km。航続可能距離は走行時は1315km&飛行時は400~500kmで、連続飛行時間は4.3時間です。


背後から見ると、通常の自動車ではないことが一目瞭然。


内装はこんな感じで、乗車定員は2人。


公道走行許可を得たのはムービーに登場したPAL-V Libertyのみで、生産されたPAL-V Libertyが全て公道走行許可を得るためには、オランダ自動車局が生産工程の品質基準検査を実施してからとのこと。さらに、PAL-V Libertyが飛行許可を得るには、欧州航空安全機関の試験を突破する必要があり、PAL-Vは2022年までに全ての問題をクリアする予定だと記しています。

PAL-V Libertyの販売価格は50万ユーロ(約6100万円)。PAL-V Libertyが公道走行許可を得たというニュースを受けて、すでに30台分の売買契約が成立し、入金まで済んでいるとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界初の「空飛ぶ自動車」の発売が決定、価格・スペック・本体写真&ムービーまとめ - GIGAZINE

世界最大の完全電気飛行機がテストフライト成功、「空飛ぶタクシー」の実現も間近か - GIGAZINE

ジェットエンジンで浮かび上がる空中バイク「Speeder」の予約販売がスタート - GIGAZINE

ドバイ警察が「空飛ぶバイク」を2020年を目標に導入予定、すでにパイロットの訓練もスタート - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.