自転車に取り付けるだけで時速70kmで走行可能になる電動アシストモーターキット「Ego-Kits」のフォト&ムービー


市販のマウンテンバイクに後付けして電動自転車化、最高時速70kmで走行可能にできるというモーターキットが「Ego-Kits」です。

Ego-Kits
http://www.ego-kits.com/


EGO-Kits' photosets on Flickr
http://www.flickr.com/photos/ego-kits/sets/


このキットの最大の特徴は1200Wという超ハイパワーモーターを搭載している点で、このスペックは日本で市販されているハイエンドのスポーツタイプ電動アシスト自転車と比べてほぼ5倍。オフロードの上り坂であっても難なく走行することが可能なようで、実際に山道を爆走している様子が以下のムービーで見られます。

EGO-Kits Productfilm HD - YouTube


◆製品の外観

KONA社のマウンテンバイクに取り付けた様子は以下の通り。バッテリーはバックパックなどに入れて人間が背負う仕組みになっているので、モーター本体は非常にコンパクトです。


モーターの重量は3.2kg。付属の48Vリチウムイオン電池を使用した場合最長約40kmの距離を電動アシスト機能を使って走行可能。


横から見るとこんな感じ。


モーターは3つのモードで駆動し、電動バイクのようにペダルを一切こぐこと無く走る、ペダルを押した力に併せて動力をアシストする、モーターの抵抗を切って通常の自転車と同じように走る、といった使い方が可能。


電動バイクのように走る場合はハンドルの右側にあるスロットルを回すことで速度調整ができます。


◆使っている様子

人力だけでペダルをこいでいては到達するのにとてつもなく苦労しそうな場所にもモーターのアシストを使用することで楽にたどり着けます。


平坦な道や競技用のコースではモトクロスのようにオフロードを高速で駆け抜けたり、ジャンプをしたりすることが可能。


特別製のジャンプ台を使用すれば約25mの距離を飛ぶことだってできる、ということを実証しているムービーは以下で見られます。

EGO Kits Wolrldrecord final - YouTube


ジャンプ。


ウィリー走行。


森の中に分け入って走ることもできます。


Ego-Kits」を装着した自転車で爆走する様子は1人称カメラで撮影したムービーもYouTubeにアップされており、もはや完全に自転車の域を超えた乗り物になっている感覚を疑似体験できる内容です。なお、この映像の冒頭には「It's uphill !!!(登りだぜ!)」という文字が吹き出しで表示されているので、まるでダウンヒルのような速度感で山道を駆け上っているということがわかります。

EGO KIT Test 5 Gondel Tour Einstiegstrail - YouTube


実際にコースを走り終わった後の「Ego-Kits」を取り付けたマウンテンバイクとライダーの男性。


砂ぼこりにまみれていますが破損などはしていない様子。


日本で「Ego-Kits」を使用する場合はどういった車両区分が適用されるのか、国土交通省の自動車局技術政策課に問い合わせてみたところ「サイズが長さ2.5×幅1.3×高さ2m以下であれば軽二輪になります」とのこと。というわけで、公道を走るには該当する運転免許の保持やナンバープレートの取得、方向指示器などの取り付け、自賠責保険への加入、ヘルメットの装着、その他諸々が必要になり、一般的な自転車のように気軽に乗ることはできないようです。

なお、詳細な価格などは不明ですが取り付ける自転車のサイズなどを以下のサイトにある問い合わせフォームに送って見積もりをすることが可能となっています。

Ego-Kits Order

・関連記事
最高時速約30kmで約10キロの距離を移動できる電動スケートボード「Boosted Boards」 - GIGAZINE

ロケットをつけて走る自転車 - GIGAZINE

折りたたんで持ち運びが可能な電動バイク「Yike Bike」 - GIGAZINE

運転にはバランス能力が必須、漕ぐ必要のない電動一輪車「Enicycle」 - GIGAZINE

ニューヨークで堂々と自転車泥棒をしたらどうなるのか一部始終ムービー - GIGAZINE

146

in ハードウェア,  乗り物,  動画, Posted by darkhorse_log