ネットサービス

Microsoft Edgeにオンラインショップ別の価格比較やキャッシュバックを手軽に得られる機能が追加


Microsoftは2020年10月8日、ウェブブラウザ「Microsoft Edge」にオンラインショップ別に価格を比較できる機能を追加することを発表しました。また、検索エンジン「Microsoft Bing」でも買い物を効率的に行えるサービスを発表しています。

What’s New in Web Experiences for October 2020: Microsoft Edge is the best browser for shopping this holiday | Windows Experience Blog
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2020/10/08/whats-new-in-web-experiences-for-october-2020-microsoft-edge-is-the-best-browser-for-shopping-this-holiday/

◆Price comparison(価格比較)
何か買いたい物をウェブで検索するとき、複数のタブを開き、同じ商品を複数のサイトで検索して商品を見つける、というのが一般的な手法ですが、Microsoft Edgeのアップデートにより「オンラインショップごとの商品の値段を比較して最安値を見つけやすくする」という機能が追加されました。

価格比較機能を使うには、まず比較したい商品のページを開き、Microsoft Edgeの「コレクション」から「+Add current page」をクリックします。


追加した商品のページに「Compare price to other retailers」というリンクが表示されるので、クリックすると……


複数のオンラインショップごとの価格を比較できるようになるので、一番安い商品を探しやすくなります。


価格比較機能は2020年10月中にMicrosoft Edgeのアップデートで追加される予定となっており、新機能を公開前に試せる「Windows Insider Program」ではすでに使用可能となっています。

◆Bing Rebates
Bing RebatesはMicrosoft Bingで独自のキャッシュバックを簡単に獲得できるという機能。例えばMicrosoft Bingの検索ボックスに「shoes」と入力すると……


検索結果に「Up to 5% cash back」のようなキャッシュバック情報が書かれたリンクが表示されます。クリックすると……


商品のページが表示されるので、購入手続きをすればキャッシュバックを受けられるというわけです。


なお、Bing Rebatesのキャッシュバックを受け取るにはMicrosoft Rewardsに加入する必要があります。また、Bing Rebatesは記事作成時点でアメリカでのみ展開されており、日本での展開時期は未定となっています。

また、2020年10月5日の発表で、検索するだけで非営利団体に寄付するポイントをゲットできる「Give with Bing」もイギリス・カナダ・オーストラリア・フランス・イタリア・ドイツ・スペインで利用開始されていますが、こちらも日本での導入は未定となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
検索エンジンのBingが「Microsoft Bing」へ正式に改名 - GIGAZINE

Microsoftが世界トップクラスの言語モデル「GPT-3」の独占的ライセンスを取得 - GIGAZINE

Microsoftが12.4インチの軽量&薄型&低価格なモバイルノートPC「Surface Laptop Go」を発表 - GIGAZINE

さまざまなカテゴリから「最も耐久性の高い製品」を発見できる「Buy For Life」 - GIGAZINE

Googleが「これから需要の上がる製品」などを教えてくれるインサイトページをGoogle広告に追加 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.