ハードウェア

世界最大の半導体製造ファウンドリ「TSMC」が5nmプロセスによる製造を正式に開始


AppleやAMD、NVIDIAなどの著名なメーカーを顧客に持つ半導体製造ファウンドリのTSMCは、5nmプロセスによる半導体製品の製造を正式に開始しました。5nmプロセスによる製造は、iPhone 12に搭載される見込みの「A14 Bionic」およびQualcommの第3世代5Gモデム「Snapdragon X60」、AMDの「Zen 3 Ryzen 4000」などに採用される予定であるとニュースサイトTechWebが報告しています。

台积电南科十八厂5nm产能拉升至单月6万片
http://www.techweb.com.cn/world/2020-06-22/2794668.shtml

TSMC officially begins 5 nm production; Snapdragon 875 SoC, Snapdragon X60 5G modem, A14 Bionic, and a 5 nm AMD high-end GPU incoming - NotebookCheck.net News
https://www.notebookcheck.net/TSMC-officially-begins-5-nm-production-Snapdragon-875-SoC-Snapdragon-X60-5G-modem-A14-Bionic-and-a-5-nm-AMD-high-end-GPU-incoming.477119.0.html

TSMCは2019年4月の時点で5nmプロセスの製造インフラを完成させており、リスクプロダクションのための先行生産を開始していました。

TSMCが5nmプロセスの先行生産を開始、7nmプロセスから1.8倍のトランジスタ密度と15%の速度上昇を実現 - GIGAZINE


TSMCの5nmプロセスにより、QualcommSoCであるSnapdragon 875および5G対応モデムのSnapdragon X60が2020年9月までに製造される見込みです。Snapdragon X60は2020年に登場するとされるiPhone 12に搭載される可能性があることが報告されています。

Qualcommの第3世代5Gモデム「Snapdragon X60」は下り7Gbps超を実現可能、5G対応の次世代iPhoneでも採用か? - GIGAZINE


5nmプロセスによる製品は台湾の台南サイエンスパークに位置する工場、Fab18で製造が行われ、月産台数は6万台となる見込み。また、TSMCがアメリカのアリゾナ州に建設予定である工場でも5nmプロセスの製造が行われる可能性が示唆されています。

Appleのチップ製造を担当する世界最大の半導体製造ファウンドリ「TSMC」がアメリカ国内に工場を建設か - GIGAZINE


AppleやQualcommだけでなく、AMDもTSMCに対してハイエンドクラスのGPU向けに月2万枚以上のウェハ製造の契約を提案しており、AMDのZen 4 RaphaelおよびZen 3 Ryzen 4000に5nmプロセスが採用されると予測されています。さらに、NVIDIAから登場しているAmpereの次世代GPUとされるHopperにも5nmの採用が期待されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Qualcommから6GHz帯の「Wi-Fi 6E」対応スマホ向け通信チップが登場、最新のBluetooth 5.2もサポート - GIGAZINE

Appleのチップ製造を担当する世界最大の半導体製造ファウンドリ「TSMC」がアメリカ国内にTa工場を建設か - GIGAZINE

TSMCが5nmプロセスの先行生産を開始、7nmプロセスから1.8倍のトランジスタ密度と15%の速度上昇を実現 - GIGAZINE

世界最大の半導体製造ファウンドリにアメリカ政府が国内生産を要求、中国との対立が原因か - GIGAZINE

「ムーアの法則」の限界を回避できる期待の製造技術「EUVリソグラフィ」とは? - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.