試食

ニンニク香る青森のご当地グルメ牛バラ焼きに衣がザクザクのチキンカツをプラスしたかつや「牛バラ焼きチキンカツ」試食レビュー


日本各地のご当地グルメがかつや独自の味で再現する「かつやがアレンジするご当地グルメ企画」の第1弾として、「牛バラ焼きチキンカツ」が2020年5月7日から登場しました。青森県十和田のバラ焼きをニンニクが香る甘いタレで味付けしてサクサクのチキンカツと合い盛りにした一品は、丼や定食だけでなく単品でも注文できてテイクアウトにも対応しているとのことなので、実際にかつやで購入して食べてみました。

おはようございます☀#かつや です????

もしも #ご当地グルメ
かつやで食べるなら????

テイクアウト????で楽しむ方が多いようですね☺️#テイクアウト は電話予約????
店舗での待ち時間を短縮⏳
店舗情報▶️https://t.co/lvedupTdLS

????‍????かつや公式アレンジレシピ????‍????
    https://t.co/SbO22ropcl https://t.co/YeiUvOkfu6 pic.twitter.com/gVtOZmmFoq

— \牛バラ焼きチキンカツ/全力飯。かつや【公式】 (@katsuya__corp)


かつやに到着。


店頭には新メニューをアピールする垂れ幕が掲げられていました。


買って帰ってきました。左から「牛バラ焼きチキンカツ単品(税込539円)」「牛バラ焼きチキンカツ弁当(税込759円)」「牛バラ焼きチキンカツ丼弁当(税込649円)」です。


「牛バラ焼きチキンカツ単品」と交通系ICカードのサイズを比べるとこんな感じ。


「牛バラ焼きチキンカツ単品」(左)はおかずだけですが、「牛バラ焼きチキンカツ弁当」(右)にはごはんと割干大根漬がついてきます。店で「牛バラ焼きチキンカツ定食」を注文すると豚汁がついてきますが、テイクアウトにすると「牛バラ焼きチキンカツ弁当」となり、豚汁はついてきません。


「牛バラ焼きチキンカツ丼弁当」は「牛バラ焼きチキンカツ単品」がごはんの上にのっています。


というわけで、「牛バラ焼きチキンカツ丼弁当」を食べてみます。牛バラ焼きを一口食べると、牛肉のうまみとニンニクが効いたタレの味わいがじゅわっと口の中に広がります。タレは醤油をベースに甘めの味付けになっていて、玉ねぎの甘みとの相性も抜群です。


ザクザクした衣のチキンカツの中には、柔らかくてジューシーな鶏肉が入っています。甘辛いタレの味とニンニクの香りが、牛肉と鶏肉のうまみを引き立てつつ食欲を刺激するので、白いごはんが爆速で進んでいきました。ニンニクのにおいは他の素材の風味が分からなくなるほどきつくはありませんが、食べた後には自分でも少し臭っているのが分かるほどなので、新型コロナウイルス対策として巣ごもりしている人がガッツリと肉を食べたい場合にピッタリな一品です。


箸休めにキャベツを食べると、甘辛くてこってりした牛バラ焼きの味やチキンカツの油をさっぱりさせてくれます。


かつやの「牛バラ焼きチキンカツ」は2020年5月7日全国のかつやで注文可能で、単品と丼と定食から選択可能です。また、テイクアウトにも対応しており、かつやがTwitterで実施したアンケートでは店内よりテイクアウトが人気のようでした。


#牛バラ焼きチキンカツ
もう食べた????⁉️


本日スタートですが早速たくさんの食べたよツイートありがとうございます????写真だけでなく漫画も????✨
得意のエゴサで見つけて喜んでます????

もう食べた人も、これからの人もどうやって楽しむのか教えてね????#かつや#テイクアウト#デリバリー

— \牛バラ焼きチキンカツ/全力飯。かつや【公式】 (@katsuya__corp)

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
麻婆豆腐の辛さが麺にしっかりと絡む餃子の王将「温玉麻婆麺」を食べてみた - GIGAZINE

キムチ納豆にとろろと大粒ニンニクを豪快にトッピングした具材盛りだくさんな「メガ豚パワーすた丼」試食レビュー - GIGAZINE

ニンニクがガッツリ効いた吉野家の「スタミナ超特盛丼」の牛カルビ・豚肉・鶏肉は本当に具材が牛丼並盛の3倍なのか検証してみた - GIGAZINE

香り高いカリカリベーコンが極厚パティと合わさった「USAベーコンクラシックバーガー」2種をウェンディーズ・ファーストキッチンで食べてきた - GIGAZINE

花椒のしびれとたっぷりのラー油でビリビリ辛い「蝋燭屋監修 シビレ麻婆まぜそば」は口全体がしびれる辛さ - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.