ハードウェア

Appleが初のARMプロセッサ搭載Macを2021年にリリースするとアナリストが予測


Apple関連の信頼性の高いリーク情報を扱うアナリストのミンチー・クオ氏が、「Appleは2021年前半に初のARMプロセッサ搭載のMacをリリースする」と予測しました。

Apple to launch ARM Mac without Intel CPU in 2021, says Kuo - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2020/02/24/apple-to-release-first-arm-mac-without-intel-processor-in-next-18-months-predicts-kuo/

近年、Appleは独自開発のチップに注力しており、iPhoneやiPadの心臓部には自社製のSoCであるAチップが採用されており、これが他社製品との大きな差別化の一因となっています。Appleは2016年にはMac向けのカスタムチップも設計するようになっており、数年前から「AppleはMacのプロセッサも独自開発のものを採用するようになるのでは」と報じられてきました。

なお、Appleにプロセッサを供給しているIntelすらも「Appleは2020年にMacをARMベースの自社開発プロセッサに移行する」と予想しています。

Intelは「Appleは2020年にMacをARMプロセッサに移行する」と予想している - GIGAZINE


これに対して、クオ氏は「今後12~18カ月以内にリリースされるAppleの新製品の1つは、Intel製のCPUを使用する代わりに、自社設計のプロセッサを採用したMacになる」と予測。そして、この自社設計のプロセッサこそが、カスタム設計のARMプロセッサであるとクオ氏は予測しています。

クオ氏によると、新型コロナウイルスの発生以来、Appleは「ARMプロセッサを搭載した最初のMac」に搭載されることが期待されている5nmプロセスチップの研究開発および生産への資金提供に「より積極的になった」とのことです。また、クオ氏は5nmプロセスチップは2021年に登場するARMプロセッサ採用のMacだけでなく、2020年後半に発表される新型iPhoneおよびiPadにも採用されると予測しています。

MacがIntel製プロセッサからカスタム設計のARMプロセッサに移行することは、Appleにとって大きな変化です。Apple関連の情報を取り扱う9to5Macは「最高のエクスペリエンスを実現するために、ハードウェアおよびソフトウェアの効率を微調整することで、より柔軟性を持たせることができます」と、自社設計のARMプロセッサに移行することの利点を挙げています。


なお、開発者のSteve Troughton-Smithさんは、クオ氏の予測が正しければARMプロセッサを採用したMacが発売される前の最後のWWDCが2020年に行われるため、Appleが開発者向けに移行キットを発表してくれることに期待しているが、その保証は「一切ない」とツイートしています。


さらに、Smithさんは「2つのシナリオが予想できる。1つはAppleが開発者向けにARMプロセッサを搭載したMac向けのアプリを開発するための移行ツールをWWDC 2020で提供し、12カ月の移行期間が開発者に与えられるというもの。2つ目は、AppleがARMプロセッサへの移行について2021年6月までは発表しない(ため、開発者はARM採用Macにアプリを対応させるための移行期間を与えてもらえない)というもの」と、2つのシナリオを予想しています。


なお、Appleの開発者向け会議であるWWDCは、毎年6月に開催されていますが、過去には5月や8月に開催されたこともあります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AppleがMacのCPUをIntelから自社製へ変更の動き、ハード・ソフトの完全なエコシステム構築へ - GIGAZINE

Appleが着々とチップ開発力を増強中、Intelは大口顧客を失う可能性大 - GIGAZINE

Appleが「Star」と名付けたARMプロセッサ搭載の新デバイスを開発中と報じられる - GIGAZINE

Intelは「Appleは2020年にMacをARMプロセッサに移行する」と予想している - GIGAZINE

Appleが元ARMのCPU設計者を雇用、リードアーキテクトとしてCortex-A76などを設計 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.