二日酔いになった時のために理解しておくべき「なぜ人は二日酔いになるのか?」

by monkeybusiness

二日酔いの時に「もう二度とお酒なんて飲まない」と誓っても、年末年始についつい飲み過ぎてしまう人もいるはず。飲み過ぎによる二日酔いを軽減するさまざまな方法が提案されていますが、実際のところ、科学的に効果が立証されたものはほとんどないとのこと。なぜ二日酔いが起こるかという根本的な仕組みと、研究者が注目する二日酔いに効果がある物質などを、南カリフォルニア大学のDaryl Davies教授らが説明しています。

Hangovers happen as your body tries to protect itself from alcohol's toxic effects
https://theconversation.com/hangovers-happen-as-your-body-tries-to-protect-itself-from-alcohols-toxic-effects-124630

◆二日酔いが起こる科学的な仕組み

by tommyandone

飲み過ぎた時、血中のアルコール濃度は上昇します。このとき体はワインやビール、スピリットなどに含まれるエタノールを分解するとともに、人体に有害な活性酸素アセトアルデヒドといった化学物質を作り出します。エタノールとアセトアルデヒドが長く付着すると、細胞膜、タンパク質、DNAに与えるダメージが大きくなるため、体の中では酵素がすばやく働いてアセトアルデヒドをより無害な酢酸塩という物質に代謝します。

この代謝を通して血中のエタノール値は減少しますが、エタノール値がゼロに近づく過程で、人は二日酔いを経験するとのこと。体がアルコールの影響から自身を守ろうとしながらも、高レベルのアルコール循環から抜け出そうとするために起こるのが二日酔いであると研究者は説明しています。


二日酔いの科学について明らかになっている事実は決して多くありませんが、ホルモン値の変化が脱水や細胞ストレス反応を減らすことや、アルコール消費がグルタミン酸ドーパミンセロトニンといった神経伝達物質に影響を及ぼすことは判明しています。また、体の組織では炎症反応が起こり、腸内細菌に影響を及ぼすことでお腹の状態も悪くなるとのこと。これらが総合して「二日酔い」と呼ばれ、人体の保護システムにより引き起こされたのち、最大48時間続くことになります。

◆二日酔いは独立した現象ではない

by grafvision

飲酒と社交は文化的な行為であり、ほとんどの二日酔いは1人の時には発生しないことが調査によって示されています。また、アルコール摂取に対する体の反応や、落ち着くまでの時間は、気分によって左右されるとのこと。疲労や睡眠不足、ホルモンのストレス反応などが組み合わさると、神経生物学的な反応が影響を受け、体が修復を試みようとする時に、より二日酔いの影響を受けやすくなります。

◆二日酔いからの回復を高速化する方法

by choreograph

「二日酔いに効果がある」とうたわれる製品は多く、食品のほか、サプリメントやエネルギー飲料も販売されています。しかし、記事作成時点ではいずれも科学的に十分に検証されているとは言い難いとのこと。

たとえば二日酔いの治療薬として使用されるクズの根は、アルコールがもたらすストレスを減らすと調査で示されていますが、同時にアセトアルデヒドを分解する酵素を阻害する効果も認められています。

そんな中で研究者が着目しているのが、ジヒドロミリセチンという化学物質。ジヒドロミリセチンは中国の漢方薬にも含まれ、二日酔いを軽減し、予防するとされているものです。

ジヒドロミリセチンはアルコール代謝を促進し、その副産物であるアセトアルデヒドを減らす働きを持ちます。マウス実験では、肝臓内のエタノールやアセトアルデヒド代謝に反応し、ジヒドロミリセチンが酵素の発現と活動を増加させることが確認されたとのこと。

また、過去の研究により、ジヒドロミリセチンが神経受容体を阻害することによりお酒を飲んだ時のリラクゼーション効果を中和することが示されています。マウス実験では、ジヒドロミリセチンの投与によりマウスが酔わなくなり、その結果エタノール摂取量が減少していくことが示されました。これらを総合して考えると、ジヒドロミリセチンが「二日酔いの中和」を越えて飲み過ぎそのものを治療する可能性があると、研究者は述べています。

ジヒドロミリセチンの効果は注目されているものの、科学的な検証が十分とはいえないため、当面の間は「お酒の摂取量を制限する」「水分を休み休みとる」といった点に注意し、二日酔いになった時にはイブプロフェンのような非ステロイド性抗炎症薬を飲みつつ体を休めることがスムーズな回復のカギとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
二日酔いに効く7パターンの食事 - GIGAZINE

二日酔いから完全復活できるメキシコ秘伝の「カキ・エビ入りトマトジュース」の作り方 - GIGAZINE

「二日酔いは嫌だけどお酒はやめられない」という人のための6つの科学的対処法 - GIGAZINE

体重と飲んだ酒量を入力するだけでアルコール摂取量やどのくらい水を飲めば良いか自動計算してくれるサイト「二日酔い予防と対策」 - GIGAZINE

アルコールの分解を助けてツラい二日酔いを防止する特効薬が近い将来に登場するかもしれない - GIGAZINE

アルコールをちゃんぽんで飲んだ量や順番は二日酔いとは関係ないことが実験の結果明らかに - GIGAZINE

in サイエンス,   , Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.