試食

濃厚みそラーメンにガツンとニンニクを効かせたかっぱ寿司の「神系金澤味噌ラーメン」は回転寿司に来たことを忘れる仕上がり


回転寿司チェーンなのになぜか本格ラーメンにもかなり力を入れているかっぱ寿司に、金澤濃厚中華そば神仙監修のラーメン「神系金澤味噌ラーメン」が2019年12月13日(金)から登場しています。石川県産加賀みそをベースにニンニクを効かせた濃厚なラーメンとのことで、実際に食べに行ってきました。

金澤濃厚中華そば神仙監修 神系金澤味噌ラーメン かっぱ寿司の本格ラーメンシリーズ | かっぱ寿司
https://www.kappasushi.jp/campaign/honkaku_ramen.html

かっぱ寿司に到着。


店頭には「神系金澤味噌ラーメン」ののぼりが立っていました。


店内でさっそく神系金澤味噌ラーメン(税抜390円)を注文。注文してから5分ほどで運ばれてきました。


具はチャーシュー、ネギ、メンマ、味付け玉子。


熱々のスープは濃厚なみその香りと辛みが引き立っており、ニンニクのガツンとした風味も感じられます。みそは加賀みそをはじめ数種類のみそをブレンドしているとのこと。


チャーシューは神系金澤味噌ラーメンのために開発された専用のチャーシューとのことで、しっとりジューシーな口あたりで、脂のくどさがないさっぱりとした味わい。甘辛いスープとの相性もぴったりです。


味付け玉子はしょうゆベースの味付けがよく染みこんでいます。黄身は完熟に近い仕上がりなので、半熟の味玉が好きな人には少々物足りないかもしれません。


太麺のもちもちした麺はスープがよく絡んで、かなり食べ応えがあります。麺はかむほどに玉子と小麦の素朴な甘みが感じられ、甘辛いみそと合わさって絶妙な味わい。寿司屋でラーメンを食べているとは思えないほどの仕上がりで、寿司を食べずにラーメンだけを食べても十分満足できる仕上がりになっていました。


残ったスープに追いシャリ(税抜100円)を入れて楽しむこともできます。追い「シャリ」というだけあって、ご飯はほんのり甘めの酢飯になっています。


投入。


追いシャリは冷えた状態で提供されるので、スープは冷めてしまいますが、濃い味のスープであまり酢飯っぽさは気になりません。ごまの風味がプラスされて、甘辛さの中に香ばしさが感じられる仕上がりになっており、ラーメンとはまた違った味を楽しめます。


「神系金澤味噌ラーメン」は2019年12月13日(金)からの期間限定メニューで、なくなり次第終了。価格は税抜390円で、一部店舗を除く全国のかっぱ寿司で食べることができます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
シャカシャカと振って食べるラーメン「シェイカーヌードル」を実際にシェイクしまくって食べてきた - GIGAZINE

エスプーマを使った真っ白いラーメンに行列ができる「ふく流らーめん 轍」に行ってきました - GIGAZINE

京都を代表する老舗ラーメン店の1つ「新福菜館本店」に行ってきました - GIGAZINE

大阪市中央卸売市場にある創業100年の「ゑんどう寿司」に行ってきました - GIGAZINE

時速3300カンでシャリを握り、最高毎時400本で海苔巻きができるスシロボットたち - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.