レビュー

無料でゲームブックやYes/Noチャートをプログラミングの知識なしで作成できる「Twine」を使ってみた


選択肢を表示して結果を分岐させるインタラクティブなストーリー分岐型小説やYes/Noチャートゲームブックなどを、簡単に作成できるツールが「Twine」です。Twineはプログラミングの知識なしで使うことができ、オープンソースとなっており無料でダウンロードできるので、どんなツールなのか実際に使って確かめてみました。

Twine / An open-source tool for telling interactive, nonlinear stories
https://twinery.org/

実際にTwineでYes/Noチャートを作成すると、ブラウザ上で以下のムービーのように表示されます。

ゲームブック制作支援ツール「Twine」を使って作ったHTMLファイルはこんな感じ - YouTube


目次:
◆インストール手順
◆Twineの使い方

◆インストール手順
まずはtwineの公式サイトにアクセスし、赤枠部分をクリックしてTwineをダウンロード


「ファイルを保存」をクリック


ダウンロードが完了すると、以下の画像のようなアイコンが表示されるのでクリック


「実行」をクリック


個人で使用する場合は、「現在のユーザーのみにインストールする」を選択して「次へ」をクリック


「参照」をクリックし保存先を選択したら、「インストール」をクリック


「完了」をクリックしたらインストールは完了です。


◆Twineの使い方
twineを起動すると、簡単なチュートリアルが表示されます。必要なければ「Skip」をクリック。


Twineは日本語に対応しているので、まずは言語設定を変更します。「Language」をクリック


日本語をクリックすれば、一部のテキストを除いて日本語表示に変更されます。


ストーリーを作成するには「+ストーリー」をクリック


ストーリー名を入力して「+Add」をクリック。記事作成時点では、ストーリー追加のダイアログは日本語化に対応していませんでした。


ストーリーを作成すると、デフォルトで1つパッセージが作成されています。編集するにはパッセージをダブルクリック


タイトルとパッセージの内容を作成します。テキストボックスには「Double-click this passage to edit it.」(編集するためにはパッセージをクリック)と書かれているので、この文字列をダブルクリックすると……


パッセージの内容を空欄にすると、どのように入力するかの説明が表示されます。


試しにタイトルを「Q1」、内容を以下のように編集してみました。「 [[]] 」で囲った内容はリンクになり、「 -> 」で指した先へ遷移します。たとえば「 [[はい->Q2]] 」と入力した場合、「はい」をクリックするとQ2というタイトルのパッセージに移動するリンクが作成されるというわけ。右上の「×」をクリックすると内容が保存され、パッセージを閉じることができます。


Q1のパッセージを閉じると「Q2」「Q3」のパッセージが自動で作成されます。遷移元と遷移先のパッセージは矢印でつながれ、遷移の関係が分かりやすく表示されます。


作ったパッセージを実行する場合は「プレイ」をクリック


実際にブラウザ上でどのように操作できるかは以下のムービーから確認できます。

ゲームブック制作支援ツール「Twine」を使って作ったHTMLファイルはこんな感じ - YouTube


リンクがあるテキストは、デフォルトでは青で表示されます。


前回表示したパッセージへは赤枠の矢印をクリックすることで戻ることができます。


質問に「はい」「いいえ」で答えるYes/Noチャートだけでなく、選択肢によって展開が変わるノベルゲームのようなストーリーを作ることもできます。


パッセージを1回クリックしてDelキーを押すか、左下に表示されるゴミ箱マークをクリックするとパッセージを削除できます。


ストーリーの開始位置を変更するには、パッセージ右下に表示される「…」をクリックして「Start Story Here」をクリック


「Start Story Here」の下にある「Small」「Wide」「Tall」「Large」をクリックすると、パッセージの大きさを変更することができます。デフォルトではSmallになっています。


赤枠部分は検索ボックスになっており、検索したいテキストを入力すると、該当するテキストを含むパッセージが黄色で表示されます。


「+パッセージ」をクリックすると、新規のパッセージを作成できます。


作成したストーリーはHTMLファイルで出力することが可能。出力するにはまずストーリー名をクリック


「ファイルに出力する」を選択


ファイル名を入力して「保存」をクリックするとHTMLファイルとして出力することができます。


プログラミングの知識がほとんどなくても、簡単なゲームブックを作成することができますが、パッセージ内にコードを書き込むことで、背景や文字色を変更したり、画像や音楽を挿入することもでき、ビジュアルノベルのようなものを作ることも可能です。デフォルトのコードについてのマニュアルは以下から確認できます。

Harlowe 3.1.0 manual
https://twine2.neocities.org/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
物語が作者の自己陶酔に陥っていないか採点できる「メアリー・スー テスト」 - GIGAZINE

良質な物語は折れ線グラフに起こすことができる - GIGAZINE

無料でアイデアの掘り下げや整理が超簡単にできて設定大好きなクリエイターにピッタリなサービス「WorldType」 - GIGAZINE

AIで架空のエピソードを自動生成してポッドキャストを配信 - GIGAZINE

「映画や小説のストーリーは全て同じルールに従っている」理論 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   ウェブアプリ, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.