試食

大人向け湖池屋スコーン「キャラメル×スコーン ソルトキャラメル」が「あまじょっぱい、至福のひととき」を堪能できるとのことなので食べてみた


キャラメルの甘みに塩のしょっぱさをきかせて奥深い味わいに仕上がった、「キャラメル×スコーン ソルトキャラメル」が2019年11月12日(火)より全国のファミリーマートで先行発売されています。至福のひとときを余すことなく堪能できるとのことだったので、どのような味わいに仕上がっているのか実際に食べて確かめてみました。

あまじょっぱい、至福のひととき 湖池屋 キャラメル × スコーン 「キャラメル×スコーン ソルトキャラメル」登場
https://koikeya.co.jp/news/detail/1065.html

これが「キャラメル×スコーン ソルトキャラメル」のパッケージ。普段の湖池屋スコーンとは全く違うシンプルかつ上品なデザインに仕上がっており、自立可能&チャック付きなので持ち運びにも便利です。


利便性や携行性にも力を入れて開発されているとのことで、Pixel 3とサイズ感を比較するとこんな感じ。バッグの中に入れてもかさばることはなさそうです。


一袋あたり35gで、カロリーは171kcal。バーベキュー味のスコーンは35gあたり193kcalなので、それよりかは少しカロリーが低いくらいです。


原材料名にはコーンスナック、砂糖、マーガリンに続いて食塩・キャラメルペーストが並んでいます。


スコーンを袋から出して、お皿に盛り付けてみました。ほのかにキャラメルの優しい香りが漂ってきて、早くも至福の空間が演出され始めます。


近くで見てみると、キャラメルがしっかりかかっていてテカテカしているのが分かります。


一口食べてみると、コーンスナックのサクサクとした食感とともにキャラメルの濃厚な甘みが口いっぱいに広がります。しばらくするとコーンスナックがほろほろと溶け始め、キャラメルの優しい甘さの中に塩のしょっぱさが混じります。甘さと塩気が交互に広がり味が変化していくので、ついつい次の一つに手が伸びてしまいました。


あまりにもいつもの湖池屋スコーンから離れすぎていて、「いつもの味ってどんなのだっけ?」となったので、スコーンのがっつきバーベキュー味を購入。ザクザクと小気味よい食感は共通していますが、ソルトキャラメルにはないガツンとしたジャンクさが口いっぱいに広がります。食べ比べるとソルトキャラメルの上品かつ繊細な味わいが際立ちました。


左側がソルトキャラメルで、右側ががっつきバーベキュー。ソルトキャラメルにはパウダーなどはかかっておらず、キャラメルに塩が練り込まれているようです。


チャック付きのスタンディングパウチが採用されているので、少しずつ食べることもできます。持ち運んでちょっとずつ食べたい人にとってはうれしい心配りです。


「キャラメル×スコーン ソルトキャラメル」税別158円前後で、2019年11月12日(火)より全国のファミリーマートで先行発売されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
湖池屋の「スコーン」とコラボした大盛&濃さ3倍な「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 濃濃濃スコーンがっつきバーベキュー味」を食べてみた - GIGAZINE

「若者のスナック離れ」に立ち向かうべくコイケヤが開発したスコーン新作3種をまとめてレビュー - GIGAZINE

コイケヤの創業当初の食感を目指した新ポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感」は「パリ」より「バリ」な濁音食感 - GIGAZINE

スコーン+ウコンの新商品「ウコーン」はどんな味なのか食べてみました - GIGAZINE

科学の力で「おいしさそのままな低脂肪ポテトチップス」が開発される - GIGAZINE

サワークリームが2倍濃厚になって2倍やみつきなプリングルズ「リッチサワークリーム&オニオン」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.