サイエンス

レジ袋を禁止するのは海洋汚染防止にそれほど効果がない

by duskbabe

海洋に含まれる微小なプラスチック粒子・マイクロプラスチックは近年、大きな問題となっています。プラスチック問題にどう対処していくかは今後の環境問題での大きな課題ですが、一般的な解決策として挙げられる「レジ袋を使わない」という方法は実はあまり意味がないと、デンマークの政治学者でコペンハーゲン環境評価研究所の前所長であるビョルン・ロンボルグ氏が解説しています。

Opinion: Sorry, banning plastic bags won’t save our planet - The Globe and Mail
https://www.theglobeandmail.com/opinion/article-sorry-banning-plastic-bags-wont-save-our-planet/


プラスチックのもたらす環境汚染の影響は甚大なものであり、持続可能な社会を実現するため、カナダやEUは使い捨てプラスチック製品の流通を2021年までに禁止する法案を採択しました

このような取り組みは称賛に値するものだ、とロンボルグ氏は述べていますが、一方でプラスチックが人類に大きな恩恵を与えたことについても言及しています。プラスチックが使われることで食品は新鮮さを保つことができ、輸送時の損失を減らし、注射器や薬瓶といった医療機器はより安全に使用されるようになりました。


プラスチックがもたらした恩恵を考慮せず、全てのプラスチックを排除するという考えは、人々の生活を悪化させかねません。このためプラスチックのメリットを失うことなく問題に取り組む必要があるとのこと。

「プラスチックを減らす」という取り組みで、より人々の生活に即した行動に、「プラスチック製のゴミ袋をなくす」という方法が考えられます。実際に、20カ国以上がポリ袋を禁止するというアクションを取っており、テロ組織のアルカイダでさえポリ袋について「人間や動物の幸福に深刻な脅威をもたらすもの」とみています

しかし、ロンボルグ氏は、「ポリ袋は海洋で浮かんでいるプラスチックの0.8%以下であり、全ての国がポリ袋を禁じたからといって、大きな差異は生まれない」と述べています。裕福な国でポリ袋を禁じる法律を作るよりも重要なこととして、ロンボルグ氏は発展途上国における環境ポリシーを充実させ粗悪な廃棄物管理体制を改善することを挙げています。

by ABBPhoto

2015年の調査によると、大陸から海へと流れ込むプラスチックごみのうち、OECD加盟国由来のものは5%以下とのこと。これらのゴミの半分は中国・インドネシア・フィリピン・ベトナムの4カ国によるものだと調査では示されています。中国は2008年に薄いポリ袋を禁止し、厚手のポリ袋には税金を課しましたが、それでも大陸由来の海洋プラスチック汚染のうち27%以上が中国によるものだとみられています。

さらに、2019年1月に発表された研究では、カリフォルニア州のポリ袋禁止により毎年4000万ポンド(約1800万kg)のプラスチックが削減されていると示されました。しかし、カリフォルニア州では多くのポリ袋はゴミ袋として再利用されていたため、ゴミ袋の消費が1200万ポンド(540万kg)増加し、紙バッグの消費も2倍に増え、より多くの二酸化炭素を生み出すことになったとのこと。

加えて、デンマークの環境食品省によって行われた2018年の調査では、プラスチックごみの影響だけでなく気候変動へのダメージやオゾン層破壊、人間への毒性などを考慮したところ、ポリ袋のもたらす環境のダメージを減らすには、オーガニックコットンの買い物袋を2万回使う必要があることもわかっています。週に2回の買い物で買い物袋を用いる場合、191年間にわたってオーガニックコットンの買い物袋を使わないと、差異は生まれないという計算です。紙袋の場合は43回使用することで差異が生まれますが、43回も紙袋を使うのはかなり難しいということが経験からわかるはず。

by monkeybusiness

ポリ袋を効率的に使用し、環境への影響を抑えるためには、2002年にアイルランドが行ったポリ袋への課税がよいとロンボルグ氏は述べています。この取り組みでアイルランドは国民一人あたりのポリ袋使用量を年間328袋から21袋にまで減らすことができたそうです

しかし、より重要なのは、やはり中国・インドネシア・フィリピン・ベトナムといった環境汚染に大きく関与している国での施策に焦点を当てることだとロンボルグ氏。これらの発展途上国における廃棄物管理について、プラスチックを削減する効率的な方法を模索することが重要だとのこと。

また、今日、海に浮かぶプラスチックの70%、つまり19万トンが漁業で使われるブイや網に由来しています。このことから、漁業においても何らかの行動を起こすことが必要だとロンボルグ氏は述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
プラスチックはなぜ完全にリサイクルするのが難しいのか? - GIGAZINE

プラスチックごみによる環境汚染に対して人類はどう向き合うべきか? - GIGAZINE

プラスチックによる海洋汚染がいかに激増したのかが60年分の海洋調査データから鮮明に - GIGAZINE

世界中の「食塩」ブランドの9割でマイクロプラスチックが発見される - GIGAZINE

プラスチック製ティーバッグが100億個以上のプラスチック粒子をカップに放出していると判明 - GIGAZINE

12歳の少女エンジニアが海のマイクロプラスチック汚染に対抗する装置を発明 - GIGAZINE

海洋汚染で本当に脅威となっているのはプラスチックではなく「タバコのフィルター」 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.