取材

「よろしい ならば戦争だ」というあの名演説をぶちかましているHELLSING「少佐」の悪逆すぎるいい笑顔


「諸君 私は戦争が好きだ」から始まり「よろしい ならば戦争だ」で最高潮に達する演説で有名なHELLSINGの少佐がワンフェス2019[夏]に現れ、悪魔のような笑みとともに君臨していました。


少佐が降臨していたのは6-14-01「覇車」ブース。「少佐といえばこの人しかいない」という意気込みを表しているのか、説明書きも「少佐」のみ。


口元はニタァと裂けていますが、目は笑っていません。


大好きな戦争のことを考えているに違いない顔つき。


足元には爆発でダメにしてしまったメガネも置かれていました。

なお、なぜこんなにメガネパーツが用意されているのかというと、以下のようなことをやるためです。



HELLSINGは2009年に完結を迎えてから約10年が経過していますが、少佐は「名悪役」としていまだに愛されています。通りがかりの人が「『少佐』と言われてどのキャラクターを連想するかでその人の人生がわかる」と話していたのが印象的でした。

・オマケ
HELLSING OVA X_PVc.mov - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2019[夏]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

ヘルシング「アーカード」&トライガン「ヴァッシュ・ザ・スタンピード」がとんでもないクオリティで立体化 - GIGAZINE

ついに「ドリフターズ」の「島津豊久」が立体化して2012年秋に登場予定 - GIGAZINE

宝石のような美しさと生物としての立体感が奇跡のバランスで表現された「宝石の国」のフィギュアまとめ - GIGAZINE

誰でもハサンになってアサシンとして聖杯戦争に繰り出せる仮面が登場 - GIGAZINE

in 取材,   動画,   マンガ,   アニメ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.