動画

空を自由に飛び回るフライボードがフランスの建国記念日を祝うパレードに登場


フランスでは7月14日はフランス共和国設立を祝う記念日「パリ祭」となっています。これはフランス革命の発端となるバスティーユ襲撃が、1789年の7月14日に起きたことに起因します。2019年のパリ祭では、フランス軍の開発する軍事技術としてホバーボードがパレードに登場し衆目を集めました。

Jet-powered flyboard soars over Paris for Bastille Day parade | World news | The Guardian
https://www.theguardian.com/world/2019/jul/14/jet-powered-flyboard-soars-over-paris-for-bastille-day-parade

Check out this flying jet board from France's Bastille Day parade
https://mashable.com/article/bastille-day-hoverboard-france/

パリ祭のパレードに登場したホバーボードについては、フランスのエマニュエル・マクロン大統領がムービーをツイートしています。


ライフル銃を手にした男性が乗っているのが、フライングボード。


海外メディアのThe Guardianによると、フライボードの最高時速は190km。


ただし、1度に10分程度の飛行しかできない模様。


大通りの上空で一時停止。ムービーを見るとかなり自由自在にフライボードを動かしていることがわかります。


マクロン大統領も熱い視線を送ります。


パレードではマクロン大統領がヨーロッパにおける軍事協力関係を誇示し、最新の軍事関連技術を披露。フライボード以外にドローンや自動走行車、対空無人砲などが展示されたとNBC Newsは報じています。


パレードの上空を飛び回るフライボードの様子を別アングルからおさえたムービーが、The Guardianから公開されています。

Jet-powered flyboard steals the show at Bastille Day celebrations - YouTube


The Guardianによると、フライボードに乗っているのはフランスの発明家であり、元ジェットスキーのチャンピオンでもあるフランキー・ザパタ氏。ザパタ氏はここ数年間フライボードを各地で披露しており、2016年にはフライボードので飛行におけるギネス記録を樹立した人物でもあります。

ギネス記録樹立時の様子は以下のムービーでチェックできます。

Farthest flight by hoverboard - Guinness World Records - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ジェットエンジン搭載で空を自由に飛び回れるジェットボード「Flyboard Air」が登場 - GIGAZINE

F1や24時間耐久レースのコース上空を華麗に飛び回る人の姿が撮影される - GIGAZINE

レクサスがついにホバーボードを完成させデモ走行&開発ムービーを公開 - GIGAZINE

謎の「ホバーボード」を突如レクサスが発表、本当に磁気浮上している様子はこんな感じ - GIGAZINE

空中に浮かぶホバーボード「Hendo」が登場、バック・トゥ・ザ・フューチャーのホバーボードが現実のものに - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 乗り物,   動画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.