試食

ついにタピオカミルクティーが和菓子に進出した「タピオカミルクティー 水まんじゅう」試食レビュー


台湾発祥の「タピオカティー」が街のいたるところで見られるようになりましたが、ついにこのタピオカミルクティーが和菓子に進出。「タピオカミルクティー 水まんじゅう」と「タピオカフルーツ 水まんじゅう」が和菓子の「口福堂」から登場しているとのことなので、実際に購入して食べてみました。

口福堂|柿安本店
https://www.kakiyasuhonten.co.jp/cate/brand/?c=001006001

口福堂は全国のイオンなどに入っている和菓子屋さん。こんな感じの店構えです。


ということで「タピオカミルクティー 水まんじゅう」と「タピオカフルーツ 水まんじゅう」を2個ずつ購入してみました。


まずはタピオカミルクティー 水まんじゅうから食べてみます。


直径はICカードの長辺よりも小さく、大きく口を開ければ一口で食べられそうなサイズ。


表面に黒いタピオカの粒が見えています。


断面はこんな感じ。中に入っているのは練乳っぽい見た目ですが、白あんベースのミルク餡とのこと。


プルプルとした水まんじゅうは弾力があり……


食べてみたところ、弾力がありつつもプリッと歯切れがよい生地と、もちもちしたタピオカの食感の組みあわせがユニーク。濃い目に入れられたミルクティーの香りと、ほんのりミルク風味の組みあわせはタピオカミルクティーそのものですが、甘みが強いので、日本茶のお茶請けにもなりそうです。


タピオカフルーツ 水まんじゅうはこんな感じ。サイズはタピオカミルクティー 水まんじゅうと同じですが、見た目がカラフルで華やか。


いちご・マンゴー・ラムネの角切りゼリーとタピオカが入っています。


断面はこんな感じ。タピオカは緑色で、これも真ん中には白あんベースのミルク餡が入っています。


タピオカミルクティーの気配はまったくなく、果物とラムネの香りや味がちょっと駄菓子っぽい雰囲気で、懐かしさを感じる味。水まんじゅう生地、ゼリー、タピオカのいずれも異なる食感なので、小さめサイズですがめまぐるしく食感が変化します。見た目が涼しげ&華やかなので、おもてなしのお菓子にも良さげでした。


なお、タピオカミルクティー 水まんじゅう・タピオカフルーツ 水まんじゅうのいずれも税込172円で、夏期限定の販売となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
飛行機で3時間の台湾にハワイがあると聞いて行ってきました、食&費用&行き方など「墾丁」まとめレポート - GIGAZINE

台湾の夜市ではこのような食べ物や料理を食べ歩くことができる - GIGAZINE

台湾を訪れたら注目して欲しい「標識」「熊」「トイレ」など - GIGAZINE

台湾の夜市で1300円出せば12品飲み食いする事ができる - GIGAZINE

台湾の「猫村」には人と猫が共存する優しい世界が広がっていた - GIGAZINE

台湾の夜市・士林市場で変わった形のお菓子「大雕焼」を買ってみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.