動画

F1や24時間耐久レースのコース上空を華麗に飛び回る人の姿が撮影される



2018年6月24日(日)に行われたF1フランスGP冒頭で行われたイベント中、コース上空を一台の小さな機械に乗ってコース上空を自由自裁に飛び回る人物が登場して大きな話題を集めています。

Here’s a dude flying around the French GP on a drone - SBNation.com
https://www.sbnation.com/lookit/2018/6/24/17498638/drone-french-gp-video

実際にフランスGPで撮影されたムービーは、以下のツイートから見ることができます。


コース上空に浮かぶ謎の人影。


小さなボードのような機械に乗った人影は、前傾して加速。


かなりのスピードで目の前を横切り……


遠くの空へと消えていきました。


海外でも大きな話題を集めたこの「Flyboard Air」というフライボードは、元ジェットスキー世界王者のフランキー・ザパタ氏のアイデアによってZapata Flyboard Airという企業が開発したものです。

ジェットエンジン搭載で空を自由に飛び回れるジェットボード「Flyboard Air」が登場 - GIGAZINE


2018年開催のル・マン24時間レースでもこのフライボードは登場しており、飛行する姿がバッチリとムービーに収められています。ル・マン24時間レースに登場したフライボードの飛行ムービーは、以下から見ることができます。

Fly Board Frank Zapata GP Le Mans 2018


空を見上げる観客たち。中には、スマホを掲げている人の姿も見えます。


映像をズームにしてみると、遠くの空に浮遊する人影がはっきりと映りました。


どうやら、観客に向かって手を振っている様子。


フライボードは次第にこちらへ近づいてきて……


かなりのスピードで目の前の上空を通過します。


やがて、フライボードに乗った人影は直立不動のまま、高度を上げ始めました。観客は大歓声を送ります。


しばらくコース上空を飛び回った後、ゆっくりとフライボードは高度を下げていき……


コース内の時計台付近に降りていきました。


係員の女性とタッチを交わします。フライボードはかなり細かい動作もこなせるようです。


フライボードの人影は前傾姿勢で一気に加速し……


飛行中に華麗なターンまで決めました。


Flyboard Airについて、開発したZapata Flyboard Airが説明したムービーが以下。

Flyboard Air Safety Features Demonstration


夕暮れをバックに跳ぶFlyboard Air。


Flyboard Airの底面にはジェットエンジンが4基搭載されています。


乗っている人から見ると、Flyboard Airはこんな感じ。空を自由に飛び回れるのは楽しそうですが、下にはFlyboard Air以外何もないため、落ちてしまえば水に真っ逆さまです。


左右の制御ノズルを乗っている人がコントローラーで操作することにより、自由に向きを変更したり加速したりできるとのこと。


コントローラーにはモーションを感知する機能が搭載されており、コントローラーを左右に傾けることで直感的にFlyboard Airを操作可能。


フワリとFlyboard Airが浮き上がり……


あっという間に空へと飛び立ちます。


Flyboard Airの下を見てみると、ものすごい勢いでジェット噴射されていることがよくわかります。


Flyboard AirはF1を始めとする世界各地のイベントに呼ばれているとのことで、今後日本でも見ることができる日が来るかもしれません。

・関連記事
ジェットエンジン搭載で空を自由に飛び回れるジェットボード「Flyboard Air」が登場 - GIGAZINE

空中遊泳スーツ「ジェットパック」を装着して45階からホテルをぐるりと1周するムービー - GIGAZINE

誰でも背中にジェットパックを付けるだけですごい加速と速度で走れるようにするプロジェクト「4 Minute Mile」 - GIGAZINE

時速300kmで空を飛ぶジェットマンがドバイの「ブルジュ・ハリファ」などを飛行するド迫力の4K画質ムービー - GIGAZINE

すごい勢いで人間飛行機「ジェットマン」が富士山を飛行するムービー公開開始 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by log1h_ik