レビュー

ブロックチェーン上にFacebookの自分の投稿・写真などを安全に保存できる「SocialVault」を実際に使ってみた


データ流出などの不祥事が頻繁に取り沙汰されるFacebookの使用はもう止めよう」と思っても、Facebook上の自分の思い出は惜しいもの。ブロックチェーン技術「Blockstack」を活用したサービスである「SocialVault」を使うと、自分のFacebook上の投稿・写真・友人や「いいね!」などの履歴を安全にウェブ上で保存できるとのことで、実際に使ってみました。

SocialVault
https://socialvault.io/

Blockstackはデータを分散させることで安全性を確保するという次世代の技術です。Blockstackに関しては以下の記事で解説しています。

情報流出を引き起こす中央集権的な「データの独占」への対抗策になりうる新時代のインターネット技術「Blockstack」 - GIGAZINE


安心・安全にFacebookのデータの保存が可能とのこと。SocialVaultを使用する際には公式ページにアクセスして、「Login with Blockstack」をクリック。


既にアカウントを持っている場合はBlockstack IDを使ってログイン可能ですが、今回は「Create new ID」をクリックして、新しくBlockstack IDを作成します。


ユーザー名を入力して「Check Availability」をクリックして、ユーザー名が使用可能かをチェック。


使用可能だった場合はそのままパスワードの入力画面に移ります。新しいパスワードと確認用のパスワードを入力して、「Register ID」をクリック。


メールアドレスを入力して「Next」をクリックするとBlockstack IDの作成が完了。


登録したメールアドレスには「Recovery info(リカバリー情報)」として暗号化されたような文字列が送られてきます。この文字列は新しいデバイスやブラウザでBlockstackにログインするときに必要です。


SocialVaultのログイン画面で「Go to SocialVault」をクリック。


作成したBlockstack IDが表示されるので、クリックしてSocialVaultにログインします。


SocialValutにはログインした直後はFacebookのデータが存在しないので、まずはFacebookからデータを移行する必要があります。「Your Facebook Information」をクリックして、Facebookに移動します。


Facebookの設定画面から「あなたのFacebook情報」、「個人データをダウンロード」を順にクリックして、自分のFacebookの投稿・写真・ムービー・コメント・「いいね!」・リアクション・友達・ストーリーズ・フォロー・フォロワー・メッセージ・グループ・イベントなどをダウンロードします。


ダウンロードするデータの設定について、期間は「すべての自分のデータ」、フォーマットを「JSON」、メディアの画質を「中程度の品質」として、「ファイルを作成」をクリックします。


Facebookに投稿したデータの量に応じて、ダウンロード可能になるまでの時間が変わります。ダウンロードが可能になったら、「ダウンロード可能なコピー」から「ダウンロード」をクリック。これでFacebook上の全てのデータのコピーが手に入りました。


ダウンロードしたzipファイルを、「Explzh」などのソフトを使って任意の場所に解凍します。


続いてSocialVaultのウェブページで「Select Folder」をクリックして、ダウンロードしたデータをアップロードします。ただし、記事作成時点では「ムービー・メッセージ・ストーリー」に関しては容量が大きいため、SocialVaultでは保存できないとのことなので、注意が必要です。


アップロードするフォルダーに先ほどダウンロードしたzipファイルを解凍してできたフォルダを指定します。「アップロード」をクリック。


「Upload Your Facebook Data」をクリックして、SocialVault上に自分のFacebookデータをアップロードします。


アップロードした自分のデータはSocialVault上に「Profile Information(プロフィール情報)」「Photos(写真)」「Posts(投稿)」といった風に分類されて保存されます。


試しに「Photos」をクリックすると、Facebook上の写真がSocialVaultにアップロードされたことが確認できました。しかし、日付の横のアルバム名と思われる部分が文字化けしています。


投稿も完全に文字化けしていて読めません。


検索履歴も同様に文字化けだらけ。どうやら日本語の部分は文字化けしてしまうようです。


「SocialVaultにデータを移行したのでFacebookのデータを消しても構わない!」という場合はFacebookの設定画面から「アカウント情報を削除」をクリック。


「アカウントを削除」からアカウントの削除が可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
情報流出を引き起こす中央集権的な「データの独占」への対抗策になりうる新時代のインターネット技術「Blockstack」 - GIGAZINE

Facebookはプライバシー侵害問題で最大5600億円もの罰金を支払うことになる - GIGAZINE

5億件以上のFacebookユーザー情報がクラウドサーバー上に誰でもアクセス可能な状態で公開されていたことが判明 - GIGAZINE

5000万人のユーザーデータを不正利用されたFacebookのザッカーバーグCEOが間違いを犯したと認める - GIGAZINE

Facebookの下請け会社では劣悪な職場環境により従業員が死亡したと元従業員が告白 - GIGAZINE

Facebookの外注先社員は「AI訓練」のため限定公開の個人的な投稿までチェックしている - GIGAZINE

データ流出スキャンダルでFacebookは月間13億回ものアクセスを喪失 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス,   ウェブアプリ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.