ネットサービス

Amazonが新しいクレジットカード「Amazon Credit Builder」の提供を開始


Amazonがクレジットスコアを上げたい人を対象とした新しいクレジットカード「Amazon Credit Builder」の提供をアメリカで開始しました。

Amazon.com: Amazon.com Store Card Credit Builder: Credit Card Offers
https://www.amazon.com/iss/credit/creditbuilder

Amazon’s newest credit card could be a double-edged sword for people with bad credit - MarketWatch
https://www.marketwatch.com/story/amazons-new-credit-card-targets-people-with-bad-credit-2019-06-10

「クレジットスコア」とはクレジットカードの延滞返済履歴や所有する銀行口座の保有期間、使用履歴などを元に算出される「個人の信用力」を示す数値です。アメリカではクレジットスコアは生活を大きく左右する指標とされており、クレジットカードの取得可否だけでなく、ローンの金利や、部屋の賃貸の可否、就職活動にまで影響を及ぼすといわれています。アメリカで賢く生活するためには、現金だけではなくクレジットスコアも稼ぐ必要があります。


Amazon Credit Builderは、「年会費無料」「Amazonプライム会員が特定商品購入時に5%ポイント還元」といった点は従来の「Amazon Score Card」と同じ。しかし、Amazon Credit Builder保有者は自分のクレジットスコアを確認することが可能で、さらにAmazonが提供する「クレジットスコアを稼ぐ方法」や「自分の行動でクレジットスコアがどう変わるか」などの情報にアクセスが可能になります。

Amazon.com: Credit & Payment Cards


Amazon Credit Builderを利用するためには、まずは保証金を支払う必要があるとのこと。保証金は100ドル(約1万1000円)から1000ドル(約11万円)まで自分で設定可能ですが、支払った保証金の額がAmazon Credit Builderのクレジット限度額となります。また、保証金は退会時に支払額を精算した後、払い戻しが可能です。

また、Amazon Credit Builderは149ドル以上599ドル未満の支払いに対しては6カ月、599ドル以上799ドル未満に12カ月、799ドル以上には24カ月の無利子の融資を受けることも可能。しかし、期間を過ぎてしまった場合は、一般的なアメリカのクレジットカードよりは高めの実質年率28.24%の金利を請求されることになるそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Amazonが配達用ドローンの最新モデルを公開、30分以内で配達可能な「Prime Air」は数カ月以内に開始予定 - GIGAZINE

Amazonが格安携帯キャリアの買収を行う可能性が浮上 - GIGAZINE

Amazonが「声」からあなたの感情を読み取るウェアラブル端末を開発中 - GIGAZINE

Amazonが倉庫労働者の退屈を紛らわせるために「ゲーム」を導入している - GIGAZINE

Amazonが独立起業したい従業員に最高100万円以上の支援を約束、ただし「宅配会社」に限る - GIGAZINE

Amazonが「商品のダンボール箱詰め作業」を自動化する機械を導入、Amazonの倉庫作業の自動化が加速 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.