ネットサービス

Googleで検索した動物がAR空間に登場して触れ合える機能がリリースされる


Googleで動物の名前を検索した結果から、本物と見分けがつかないほどリアルな動物を現実世界に登場させるAR機能が登場しています。モバイル端末向けのARコンテンツプラットフォーム「ARCore」対応の端末なら既に販売されている端末でも使用可能とのことなので、実際にARで動物を出現させて触れあってみました。


First AR objects launch in Google Search with 3D animals - 9to5Google
https://9to5google.com/2019/05/31/google-search-ar-animals/

ARで動物を出現させる機能は、ARCore端末機種から「Googleアプリ」で検索することで利用可能です。今回はGoogle Pixel 3を使用しました。

記事作成時点では英語での検索にしか対応していないので、まずは検索言語を英語に設定するために「Googleアプリ」を起動させます。


「その他」をタップします。


「設定」をタップ。


「言語と地域」をタップして言語設定に入ります。


「English(US)」をタップしたら準備完了です。


試しに、「horse(馬)」と検索してみます。


すると、「horse」で検索した結果が表示されます。少し下にスクロールすると……


リアルな3Dの馬が表示されるので、「View in 3D」をタップ。


次に「View in your space」をタップします。


カメラとストレージへのアクセス許可が必要とのことなので、「Give access」をタップ。


「Allow(許可)」をタップしてカメラの使用を許可します。


同様に「Allow(許可)」をタップしてメディアファイルへのアクセスを許可します。


スマートフォンのカメラを床など、動物を出現させたい場所にかざすと……


馬がARで表示されました。「ヒヒーン」といななきながら地面をけるなどの様子も見せてくれるので、見た目だけでなく鳴き声やしぐさまでつぶさに観察可能です。


実際にARで動物を出現させている様子は以下のムービーで見ることができます。

Google検索でAR空間に出現した馬と触れ合ってみたところ - YouTube


同様に「Giant panda(ジャイアントパンダ)」を出現させるとこんな感じ。


動物は指でスワイプして移動させることができるほか、2本指でつまむようにして「ピンチ操作」をすると、向きや大きさを変えることができるので……


手乗りパンダにすることも可能です。


さらには、「Lion(ライオン)」や……


「Octopus(タコ)」なども出現させることができます。


なお、記事作成時点ではiOSのGoogleアプリは対応していませんが、SafariからGoogleサービスの言語を英語に設定して検索することで、同様に検索結果から動物をARで出現させることが可能です。

ほかにも、トラ・ワニ・ネコ・オオカミ・ウミガメなどが対応しているとのことで、Twitterではさっそくさまざまな動物をARで出現させているツイートが投稿されていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Google検索したものを3Dで現実空間に出現させることが可能なAR機能をGoogleが発表 - GIGAZINE

人はAR上のアバターも人間だと感じてしまうという研究結果 - GIGAZINE

家電や家具のサイズをARで部屋に表示して実際にサイズ確認できる超絶便利な「ARで見る」レビュー - GIGAZINE

ARでサッカーの試合を立体的にテーブル上に再現する新技術「Soccer On Your Tabletop」がスゴイ - GIGAZINE

Google製のARヘッドセット「Google Glass」に新型登場、AR/VR向けSoC搭載でよりパワフルに - GIGAZINE

in ネットサービス,   生き物,   動画, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.