試食

ヘルシーなサラダチキンとシャキシャキの野菜を瀬戸内レモンの爽やかな酸味で味わえるサブウェイ「爽やかサラダチキン」試食レビュー


サブウェイが2019年5月15日(水)から提供している「爽やかサラダチキン」は、低カロリーで高タンパクなサラダチキンとたっぷりの野菜、瀬戸内レモンのソースを使い、カロリーをわずか302kcalに抑えたサンドイッチです。実際に食べてみると、暑い夏にぴったりな清涼感を味わえる、野菜不足気味の人にもオススメしたいヘルシーなサンドイッチに仕上がっていました。

爽やかサラダチキン│サブウェイのキャンペーン情報│サブウェイ公式サイト
https://www.subway.co.jp/campaign/saladchicken/


サブウェイに到着。


店のパネルには「爽やかサラダチキン」がアピールされていたので、さっそく注文。パンはローストしないホワイトで、トッピングは全ておすすめ通りです。


爽やかサラダチキン(税込421円)はこんな感じで、パンの間からこぼれ落ちそうなほどたっぷりのサラダチキンがサンドされています。


挟まれている具材はサラダチキンの他に、オニオン、トマト、ピーマン、レタス。サラダチキンは細かくカットされているので食べやすくなっています。


サラダチキンには瀬戸内レモンのソースの他にバジルもあえられていました。


実際に食べてみると、レモンの酸味は確かに感じられるのですが、食べていて邪魔になるほど刺激が強いわけではなく、あくまでもアクセントとして働いています。玉ねぎやレタスのシャキシャキ感とサラダチキンの弾力のコントラストが楽しく、「今、しっかりと野菜を食べているのだ」という実感が得られます。一方で、野菜がたっぷり入っているので水分が多く、サラダチキンの淡泊な味も相まって、味はかなりさっぱり。暑い夏に食べるにはぴったりではありますが、濃いめの味付けが好きな人はトッピングやドレッシングを調整する必要があるかも。また、水気によってパンがかなり柔らかくなって崩れてしまうので、パンをローストしない場合は注意が必要です。


爽やかサラダチキンはサブウェイの全国店舗で2019年5月15日(水)から期間限定で提供されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
辛さ控えめだけどスパイス感アリなタコス風「チキンスライダー」をケンタッキーで食べてきた - GIGAZINE

バター化したパッションフルーツ「リリコイバター」が南国み感じられる至福の食べ物でした - GIGAZINE

シャクシャク食感の淡路島産新たまねぎの「たまねぎバーガー 国産黒酢と瀬戸内産ネーブル仕立て」&「瀬戸内産はっさくレモン ジンジャーエール」試食レビュー - GIGAZINE

行列パンケーキ店の代名詞「Eggs ‘n Things」のハワイ本家は日本のパンケーキとは別物、「ふりかけ焼まぐろ」など試食レビュー - GIGAZINE

エビマヨとパンの相性の良さを実感できる「ミラノサンド エビマヨ ~特製オーロラソース仕立て~」をドトールで食べてきた - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.