ソフトウェア

MicrosoftはWindows向けの新しいコマンドラインアプリ「Windows Terminal」を発表


MicrosoftがWindows向けの新しいコマンドラインアプリケーション「Windows Terminal」を発表しました。Microsoftがこれまで提供してきたPowerShellコマンドプロンプト、さらにはLinuxのバイナリ実行ファイルをWindows 10およびWindows Server上でネイティブ実行するためのWindows Subsystem for Linux(WSL)といった環境にアクセスするためのツールとして、開発が進められているとのことです。

Microsoft unveils Windows Terminal, a new command line app for Windows - The Verge
https://www.theverge.com/2019/5/6/18527870/microsoft-windows-terminal-command-line-tool

Microsoftが開発者向けに開催しているMicrosoft Build 2019 Developer Conferenceの中で、GPUベースの絵文字やテキストレンダリングもサポートした新しいコマンドラインアプリの「Windows Terminal」を発表しました。Windows 10の開発者環境を改善するために開発されたWindows Terminalは、Microsoftによると2019年6月中旬にも一般向けに利用可能になるとのことです。

Windows Terminalを発表する公式ムービーも公開されています。

The new Windows Terminal - YouTube


一見ウェブブラウザのような見た目のタブ


複数のレイヤーが合体して誕生したのが……


Windows Terminalです。


コマンドプロンプトやPowerShell、WSLのシェルを利用するためのターミナルアプリとなります。


GPUベースの絵文字やテキストのレンダリングにも対応。


複数のウィンドウをタブで切り替えられるだけでなく、ショートカット、ティアアウェイウィンドウ、テーマなどもサポートしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Windows 10ではコマンドプロンプトが地味かつ大幅に進化 - GIGAZINE

Windows 7の起動時に管理者権限を強制的に取得する裏技 - GIGAZINE

ショートカットの右クリックメニューを拡張してリンク先フォルダを一発で開くなど7つの機能を追加できるフリーソフト「Link Open」 - GIGAZINE

ついにWindows 10のファイルエクスプローラーをタブで管理できるように - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ソフトウェア,   動画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.