ソフトウェア

人工知能が生成したデスメタルを毎日24時間配信し続けるYouTubeチャンネル「Dadabots」


デスメタルの楽曲を機械学習させることで、オリジナルのデスメタル曲を作り上げることができるようになった人工知能(AI)の「Dadabots」が、YouTube上で「毎日24時間デスメタル配信」を行っています。

This frostbitten black metal album was created by an artificial intelligence | The Outline
https://theoutline.com/post/2556/this-frostbitten-black-metal-album-was-created-by-an-artificial-intelligence

This YouTube Channel Streams AI-Generated Death Metal 24/7 - Motherboard
https://motherboard.vice.com/en_us/article/xwnzm7/this-youtube-channel-streams-ai-generated-black-metal-247

ジャズや現代アメリカ音楽などの商業音楽を専門とするアメリカマサチューセッツ州のバークリー音楽大学で出会ったCJ CarrさんとZack Zukowskiさんは、回帰型ニューラルネットワーク(RNN)という学習アーキテクチャに基づいて音楽を自動生成する人工知能「SampleRNN」を改良して、「Dadabots」というデスメタル生成AIを開発。Dadabotsは学習用に用意したアーティストが作成した楽曲を小さく区間分割し、前の区間から次の区間を予測して「実際の楽曲の区間」と「Dadabotsが予測・作成した区間」を比較することで自己学習しながら新たなデスメタルの楽曲を生み出してくれるというもの。

実際にDadabotsが作成したデスメタルは、以下のプレイヤーから聴くことができます。


CarrさんとZukowskiさんはDadabotsにÆpochNOFXBattlesMeshuggahなどのメタルバンドの楽曲を学習させ、それぞれのアーティストに基づいたアルバムを作らせました。作成されたアルバムはオンラインで公開され、無料で試聴が可能です。

音楽 | DADABOTS
https://dadabots.bandcamp.com/


Carrさんいわく、作成されたほとんどの曲は「不安定で崩壊したようなひどい曲」だったとのこと。しかし、バンクーバーを拠点とするデスメタルバンドArchspireの楽曲から学習したDadabotsはかなりまともで安定した曲を作成するようになります。この結果を受け、Archspireから学習したDadabotsの楽曲をYouTube上で毎日24時間配信するという今回のプロジェクトがスタートしました。

配信は毎日24時間、約1カ月の間続けられており、誰でも聞くことが可能です。

RELENTLESS DOPPELGANGER \m/ \m/ \m/ \m/ \m/ \m/ \m/ \m/ \m/ \m/ \m/ \m/ \m/ \m/ - YouTube


Archspireの曲はテンポが速いためDadabotsが学習するのに適しているのではないかとCarrさんは推測しています。CarrさんとZukowskiさんは将来的にDadabotsに視聴者からのレスポンスを反映するような機能を実装したいと語っています。また、CarrさんとZukowskiさんは人工知能Dadabotsを活用して「ブラックメタルから人類を排除すること」を目標に掲げているそうです。


・追記
自身の楽曲がDadabotsの学習に使用されているデスメタルバンドのArchspireは「スカイネットが俺たちの次回作を作ってるぞ!」とコメントしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
機械学習でコンピューターが音楽を理解することが容易ではない理由 - GIGAZINE

機械学習アルゴリズムがオーケストラの演奏を再構成した幻想的な音楽を作り出す - GIGAZINE

機械学習を使って全く新しい音作りを可能にする新概念シンセサイザー「Google NSynth Super」 - GIGAZINE

世界初の人工知能が作ったポップソング「Daddy’s Car」と「Mr Shadow」がYouTubeで公開中 - GIGAZINE

ジャズを自動作曲する人工知能「deepjazz」、AIが作ったジャズはこんな感じ - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.